印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷とSCIVAX ナノインプリント事業で提携 2020年度に売上約200億円目指す


【2016年11月1日】凸版印刷とSCIVAXは、ニーズが増加するナノインプリント事業の拡大を目的として、資本業務提携を行うことで合意した。

今回、凸版印刷は2016年11月中に、ナノインプリント事業の開発で成功を収めているSCIVAXへ出資。SCIVAXの株式を25%超取得し筆頭株主となる。
これにより、凸版印刷はナノインプリント事業に本格参入する。

両社は、凸版印刷が半導体用フォトマスクなどで培ったリソグラフィー技術やマスターモールド製造技術と、SCIVAXが持つ光学設計やナノインプリント加工技術を融合。アプリケーション開発からマスターモールドの製造、最終製品の量産化まで一貫したサービスの提供を共同で開始する。
凸版印刷 SCIVAX ナノインプリント

さらに凸版印刷は、光学デバイスやSCIVAXの独自開発製品の量産化ニーズに対応するため、生産ラインを構築し、2017年中に大面積ナノインプリントのサンプル出荷を開始する。

ナノインプリント技術は、ナノ(10億分の1メートル)オーダーのパターンを形成したモールドを使い、樹脂などの被転写材料に押し付けて微細な構造体を製造する転写技術。

半導体製造などで使用されているフォトリソグラフィー技術による製造方法よりも安価に生産できることから、レンズアレイなど光学デバイスやディスプレイ、バイオ・医療用途など、幅広い分野で活用が期待されている。

両社はこの提携により、光学設計シミュレーションによる構造提案や独自製品の開発を進め、大面積ナノインプリント量産技術を実用化し、2020年度に約200億円の売上を目指す。



Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.