プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー 「国立公園満喫プロジェクト」でデジタルサイネージシステムを設置 KADOKAWAと組み全国11カ所で


【2020年2月13日】リコージャパンはこのほど、環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の一事業として、全国の国立公園での訪日外国人を含む来訪者に対して情報を提供するデジタルサイネージシステムの設置を開始した。

「国立公園満喫プロジェクト」は、政府がとりまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてのブランド化を図ることを目標に、国立公園を指定し実施している外国人向け施策。プロジェクトでは、国立公園に所在するビジターセンターを対象として、多言語によるアクティビティ等の情報提供機能を強化している。

今回、リコージャパンは、環境省が管理する全国11カ所の国立公園内のビジターセンターに、デジタルサイネージシステムを設置。これは大型のタッチパネルやタブレットとクラウド型サイネージ配信システムなどを組み合わせたもの。
対象となる国立公園の基本的な情報(地図・特徴・見どころ等)や主要利用拠点の概要紹介、公園内および周辺の交通手段の案内、公園内のアクティビティやガイドツアーの案内といった情報を、来訪者が自由に閲覧できる。
日本語のほか、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国語の 5 言語に対応し、近年増加する訪日外国人を含む来訪者のニーズに対して適切な情報提供を実現する。

リコージャパンは、デジタルサイネージに使用するタッチディスプレイやセットトップボックスなどの機器から、クラウドによる配信管理システム、表示するコンテンツ作成までを提供する。
情報誌などで実績があるKADOKAWA と連携、コンテンツの制作と配信を実現する。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.