プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ラボネットワーク オンデマンド印刷活用し「視覚支援カード」の提供を開始 写真カードを短時間で安価に


【2022年9月2日】ラボネットワークはこのほど、CSR活動の一環として、障がい者を視覚的に支援する「視覚支援カード」を印刷するサービス「写もじ」の提供を開始した。

「写もじ」は、同社のオンデマンド印刷の製造機器やノウハウを活用した新規事業で、オリジナルの写真カードが作成できるサービス。
利用者は、視覚優位の特性を持つ人やその家族、言語聴覚士(ST)、社会福祉士(SW)を想定している。

「視覚支援カード」とは、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害(LD)、知的能力障害(ID)などの、発達障がいを持つ人とのコミュニケーションを、”視覚的に”支える補助ツールの一つで、お互いの考えや意思を、「視覚的」に伝えあえる。

このカードは、印刷されるコンテンツに応じて、イラストタイプと写真タイプの大きく2種類に分けられている。

イラストタイプのカードは、手軽にインターネット上などでも購入できるが、素材が汎用的になりがちで、利用するシーンによっては、不十分な場合がある。

一方で、写真を使用したカードは、利用者ごとのオリジナル素材を印刷、ラミネート加工したもので、利用者自身で手作りされている場合が多い。しかい、コスト高く、利用者の負担となっている場合がある。

「写もじ」では、写真タイプのカードを、オンデマンド印刷でき、作成時間やコストを軽減する。

同社では、「写もじ」の普及で、すべての人たちの安定した生活や自由な自己表現を支えるとしている。

写もじ
https://shamoji.onlinelab.jp/

ラボネットワーク
https://www.labonetwork.co.jp/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.