プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 「自宅での印刷状況が把握可能な企業向けプリントサービス」提供を開始


【2022年2月16日】エプソンは2月24日(木)、「Epson Remote Print for WFH」の提供を開始する。

「Epson Remote Print for WFH」は昨年発表された「自宅での印刷状況が把握できる企業向けプリントサービス」。
在宅勤務時の印刷履歴をエプソンのポータルサイトで把握でき、プリントしたいデータを、クラウドサービス「Epson Connect」に経由させることで、自宅に設置されているエプソンのプリンタから印刷可能。
専用プリンタドライバーを通して印刷するためセキュアな印刷環境で、出社せず自宅で印刷できる。

企業管理者は、エプソンのポータルサイトで業務に関わる印刷ログファイルを取得可能。従業員の情報漏えいリスクを事前に抑制するだけでなく、万が一漏えいした際にも印刷ログによる追跡が可能となる。

同サービスでは、導入しやすい月額のサービスプランと、60カ月(5年間)一括のサービスプランの2種類を用意した。プリンタ台数や利用人数が増えても料金は変わらずに利用できる。

エプソンは、今後も印刷環境に関する課題解決を進め、働き方改革を推進する、としている。

対象プリンタなど
https://www.epson.jp/connect/mcloud/remoteprint/#anchor4

「Epson Remote Print for WFH」の詳細
https://www.epson.jp/products/bizprinter/software/remote-print-wfh/


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.