プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ビーツ 可動式 紙製マスク「おくちばん」を発売 感染防止&広告媒体やノベルティーにも


【2021年1月13日】ビーツはこのほど、会食時の飛沫防止対策グッズとして、飲食店向けに自社開発した 可動式 紙製マスク「おくちばん」を発売した。

「おくちばん」は、口の前に紙製の「板」を置き、食事の際は左右へスライド、会話の際は口の前に戻して使用する可動式紙製マスク。これにより、向かい合っての食事でも一定の飛沫防止ができるという。

首に取り付けることで、圧迫感がなくスライドにより快適に飲食が可能。表面には企業ロゴやマーク、商品名などを入れて、広告媒体やノベルティーとしても活用できる。また、紙製なので低価格で作成でき、リサイクルも可能。
名称は「お口の前に置く板(ばん)」と「お口の番(ばん)」をするの二つを掛け合わせている。

同社では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「飲食の際に、少しでも飛沫防止対策をしながら飲食を楽しむことができる空間を提供できないかとの思いからこの商品を開発した」としている。
価格などは問い合わせによる見積もり。

「おくちばん」オフィシャルページ
https://www.beeats.co.jp/products/solution/okuchiban/

ビーツ
https://www.beeats.co.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.