プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 スクラッチでパスワード出現の株主優待券がJR東日本で採用 金券とIoTの融合を推進


【2020年7月24日】凸版印刷の技術を活用した株主優待券が、東日本旅客鉄道(JR東日本)に採用された。
同製品に使用されている技術は、スクラッチ上に任意の色合いや文言を印刷できる「カラースクラッチ技術」と、強い光源に晒しても券面の秘匿部分が透けない特殊用紙。

「カラースクラッチ技術」は、PINコード付与部分を覆っているスクラッチ上にも、色や文言を印刷可能で、券面の限られたスペースに、より多くの情報を付与できる。これにより、券面のスクラッチ部分を確認するだけで未使用か使用済みかが一目で分かる。
光を遮る特殊用紙は、券面を強い光源に晒しても券面の秘匿部分が透けないため偽造と不正転売防止の効果があるという。

JR東日本の株主優待券では、カラースクラッチが施された部分を削ると番号とパスワードが出現。「えきねっと」で入力することにより、株主優待割引適用の乗車券類をオンライン予約できる。

今後、凸版印刷は、株主優待券をはじめさまざまな金券のIoT化を推進。金券にQRコードやPIN番号を付与して利便性やセキュリティ性向上を目指す。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.