プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サトー 業界初Android OS搭載ラベルプリンタ「FLEQV FX3-LX」を発売 クラウド環境も一緒に提供


【2018年3月3日】サトーホールディングスは3月5日(月)、業界初のAndroid OS搭載スタンドアロン型ラベルプリンタ「FLEQV(フレキューブ)FX3-LX」を発売する。

サトー ラベルプリンタ FLEQV フレキューブ FX3-LX」

「FX3-LX」は、データ保管・配信用のクラウドサービスやIoTを搭載しラベルが発行できる。
Android OSを搭載したことで、端末の柔軟性を向上。OSにユーザーの要望や現場運用に応じたアプリケーションの提供を行える。
ラベル発行アプリケーション「e-Labe」は標準装備で、一般的なラベル発行にはほぼ対応可能。

データ保管・配信の新サービス「SATO App Storage」は、ラベルデータの柔軟な保管・配信のための、ユーザー専用のクラウドサービス。データのアップロードやダウンロードを効率的に行える。

サトー ラベルプリンタ FLEQV フレキューブ FX3-LX」

さらに、 IoT技術を用いた保守サービスを用意。プリンタの稼働状況を常時遠隔で見守る保守サービス「SOS(SATO Online Services)」を、5年保証とのセットで提供する。

ハード面では、国内ラベルプリンタとして最大サイズの7インチのタッチパネルを搭載し、直感的な操作によるPCレスのラベル発行を実現。店舗ではサイネージとしても活用できる。

 

サトー ラベルプリンタ FLEQV フレキューブ FX3-LX」

サトーホールディングスグループは、「FLEQV FX3-LX」を今後5年間で、累計4万台の販売を目指す。

なお、同機は3月6日(火)より3月9日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2018」で展示される。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.