プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サトー 果物の食べごろを切らずに判断できる世界初のサービス「coro-eye(ころあい)」の提供開始へ


【2018年11月20日】サトーは、果物の食べごろを切らずに判断できる世界初のサービス「coro-eye(ころあい)」の提供を開始する。

サトー 果物

「coro-eye」は、さまざまな果物の果肉の硬さを非破壊で測定し、好みに応じておいしく食べられる食べごろを科学的に予測可能。広島大学が技術特許を持つ硬度測定機を活用しており、従来、食べてみるまで分からなかった一つ一つの果物の食べごろを予測できる。

サービスでは、生産農家が果物に固有のID(QRコード)を付与。これを読み取り、販売店が食べごろ情報を付加して消費者に提供する。
消費者は果物と同時に受け取る「食べごろガイド」で食べごろ予測が確認できる。

サトー 果物

ガイドに記載のQRコードからアクセスできる専用サイトでは、生産農家の詳細情報や、贈り主からのメッセージ、果物の切り方などの豆知識、贈り主へお礼のメッセージを送るなど双方向のやり取りも可能。
これらにより、消費者のリピート購入を促進や、消費者による果物、生産農家、販売店への評価改善なども可能となる。

サトー 果物

サービスは、12月から全国の青果店、スーパー、デパートなどの果物取扱い店舗や、直販を手掛ける生産農家へ提供を開始する。

サトーは生産農家や販売店向けに、必要なラベルやプリンタ、硬度測定機などの販売・レンタルに加え、消費者を含め全体をつなぐ専用サイトをクラウド上で提供する。
「coro-eye」は、贈答用の果物市場で売上の約5割を占める5品目(メロン・桃・マンゴー・スイカ・梨)から開始し、将来的に8割の果物に対応。
今後3年間で200店舗への導入を目指す。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.