印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

大日本印刷 「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」を発売 13cmの超薄型 液晶とLEDの併用で情報発信


【2017年1月24日】大日本印刷(DNP)は2月1日、「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」を発売する。

同製品は屋外用デジタルサイネージの液晶ディスプレーに加え、LEDによる文字情報の表示が可能な薄型サイネージ。
公共性の高い駅や屋外施設などで、液晶ディスプレーによる映像などの美しい表現と緊急情報などの文字情報の双方を1台で発信できる。

DNP LED搭載薄型屋外サイネージ

筐体のスリム化により、課題であったエアコン部を含め約35%薄型化し、厚みは13cmとなった。
液晶表示部は「infoverreR」を採用し、55型液晶表示は保護ガラスとディスプレーの直接貼合により、外光の反射を抑え、映り込みを低減した。
これにより画質が向上し、1400cd/平方メートルの輝度で2500cd/平方メートル相当のコントラストがある。

LED部分は高輝度表示で視認性が高く、遠方からでも文字情報を見やすい設計。音声によるお知らせや案内告知にも対応する。また「DNPサイネージ配信管理システムSmartSignageR」を使った遠隔操作によるコンテンツ更新や番組設定、配信時間の設定もできる。

筐体サイズは幅1600×高さ2000×奥行130 mm、重量約230kg。本体価格は400万円~(税別)。

DNPでは近年、インバウンドツールや、防災・防犯などでの情報発信などの用途で、公共施設や観光地、駅やバス停等の屋外で活用を見込んでおり、2020年度までに8億円の売上げを目指す。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.