プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コニカミノルタ パッケージなどで最適なデザインを追求する「EX感性ソリューション」を今秋発売

LINEで送る

【2022年8月26日】コニカミノルタは今秋、最先端の感性脳工学を利用し、最適なデザインを追求できるオンラインサービス「EXplainable感性ソリューション(EX感性ソリューション)」を発売する。
また、同サービスを紹介する特設ウェブサイトを公開した。

「EX感性ソリューション」は、広島大学が行った脳科学による感性の可視化研究にコニカミノルタが参画し、知覚や脳メカニズムの知見を得た結果から生まれたもの。
感性脳工学に基づくアルゴリズムを採用した画像解析により、パッケージやポスター、カタログ、ウェブサイトなどのデザインや、商品の陳列など、マーケティング活動に係わるあらゆるデザインについて、感性への働きかけを定量的に示し、「Explainable(説明可能)」にする。
これにより、消費者の購買行動を予測し、購買活動につながる最適なデザインを追求できる。

 

機能では、人がどこに注目するかを「見える化」し、注目しやすさをヒートマップの形式で表示できる。
また、配色が与える印象についての数多くのデータを搭載。デザインから受ける印象を自動的に分析してレーダーチャートで表示。競合するデザインと並行して分析することで、デザインの差別化を定量的な根拠に基づいて行える。

 

コニカミノルタでは、創業以来150年近くにわたって、見えないものを見える化し、人々の「みたい」という想いに応えることを事業の柱としてきた。今回のサービスも、これ進化させたもので、今後も「お客様の『みたい』というニーズに応えるソリューションを提供することで、人間社会の進化に貢献していく」としている。

EX感性
https://www.konicaminolta.com/jp-ja/expainablekansei/

 

事例紹介

事例では、焼肉店「うしこぞう」が、Webで高級感を訴求するため「風格のある」「おごそか」を想起させる配色に、メニュー用には親近感を持ってもらえるよう「くつろいだ」「家庭的な」印象を与える配色を選択。その結果、来店予約の172%増の効果があった。

ECサイト「型抜き印刷ドットコム」を運営するエールでは、型抜き印刷による商品タグの効果を検証。同じカップでも、タグの違いでいくらに見えるかのアンケート調査で一般的なタグだと335円のところ、型抜きタグの場合650円と1.9倍の効果が得られた(型抜き印刷ドットコム https://katanuki-insatsu.com)。

広島のレインボー食品(アヲハタグループ企業)では、主力商品である「広島名産かきカレー中辛 発売25周年」の電車の中吊りポスターを制作する際に「EX感性ソリューション」を利用し、訴求ポイントである「25周年」について注目性を3.1ポイント向上させた。
ポスターは、青空と瀬戸内海という全体的に青が背景となるデザインであったため、「25周年」には補色(反対色)の黄色が使われていたが、「25周年」を抽出して注目性を数値で表示したところ2.85%という数値だった。そこで、注目性評価を行いながらデザイン改善を進め、同系色の青色文字でも表示位置と大きさを調節することで5.92%と約3ポイント注目性を向上できることを確認している。

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.