プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ 円筒形素材へプリント可能な「Kebab HS」高速機を5月発売 速度は最大で従来機の約3倍

【2024年3月6日】ミマキエンジニアリングは5月から、プリントスピードを従来品の最大約3倍にした高速機「Kebab(ケバブ) HS」を発売する。

当社の「Kebab」はフラットベッドUVプリンタ「UJF」シリーズのオプション(付加機能)システムで、ボトルやタンブラーなど円柱状素材の側面に360oプリントできるシステム。
従来の「Kebab MkII」では素材1つのプリントに約30分掛かり、オーダーグッズの中ロット生産用途として導入するには、多くの場合プリンタを複数台所有する必要があった。

しかし、今回発売する「Kebab HS」は、直径100mm、長さ200mmの素材に標準モードでプリントした場合、1つ当たり約10分でプリント完了し、現行機と比べ最大約3倍の生産性がある。
このため、中ロットの注文需要にも少数のプリンタで対応できる。

また「Kebab HS」は、「Kebab MkII」ではプリントが不可能であった、グラスやコップといった側面に傾斜(7.5°以下)が付いている「テーパー形状」の素材にも対応。ダイレクトプリント可能なオーダーグッズの幅が広がる。

使用はUJFシリーズのプリントテーブルに「Kebab HS」本体を固定するだけ、約10分で取付が完了する。
本体価格は66万円(税込み)を予定。

なお、現行機「Kebab MkII」及び「Kebab MkII L」は今後も販売を継続する。

対象機種
UJF-3042 MkII e
UJF-6042MkII e
UJF-7151 plusⅡ

ミマキエンジニアリング
https://ir.mimaki.com/

製品サイト
https://japan.mimaki.com/

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.