プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

OKIデータ クラス世界最小のカラーLEDプリンタを発売 「COREFIDO C650dnw」 小規模小売店や医療医薬機関、学校など向け


【2020年10月23日】OKIデータは10月22日、クラス世界最小の本体サイズとなるカラーLEDプリンタ「COREFIDO(コアフィード)C650dnw」を発売した。
受注を開始し、出荷は11月下旬を予定している。

「C650dnw」は、小規模小売店や医療医薬機関、学校など狭小で、周りにさまざまなものが置いてある環境を設置場所と想定しており、クラス世界最小の本体サイズ、設置スペース・メンテナンススペースの最小化と高い生産性を両立している。
このシステムは業界初の技術「Space Saving Technology(スペースセービングテクノロジー)」と同社で呼んでおり、ゼロベースから内部を設計し直した。

極小ながら業界初の「フルフロントアクセス」を実現。イメージドラムなどの消耗品交換は、格納されているバスケットを前面に引き出して行う。紙詰まりの場合は、用紙搬送路に前面からアクセスできるよう上面側のバスケットを持ち上げて対応する。

また、定着器をダイレクトに着脱可能とする「定着器ダイレクトアクセスシステム」や2装置内の空いたスペースにトナーを搬送するルートを自由に形成する「フレキシブルトナートランスポートシステム」なども搭載している。

性能は、毎分35ページ、ウォームアップタイム約11秒。用紙は、耐水紙や短冊熨斗、薬袋など特殊紙への印刷にも対応している。

装置寿命は60万ページまたは5年、イメージドラムの長寿命化(5万枚)の高耐久性を実現した。メンテナンスはメンテナンス品5年間無償提供。
価格は195,800円(税込み)。

10月22日の記者発表で、森孝廣社長(写真右)は「プリンタが成熟から後退期の中で、どういった商品がいいのか、5年前から企画を始めた。『C650dnw』は、当社が持てる技術やノウハウに新しい技術を入れて市場に伝えたいもので、プリンタに関してこれほど情熱を込めるのは今の業界では珍しいと思う」と述べた。

「省スペースのプリンタ運用」という課題解決にフォーカスし、グローバルで年間20,000台、国内は10,000台の販売を見込んでいる。

 

テスト導入したドラッグストア「トモズ」での事例

 

C650dnw 特設ページ
https://www.oki.com/ip/printing/products/c650/index.html

製品詳細
https://www.oki.com/ip/printing/products/color/c650dnw/index.html


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.