プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ ソルベント系大判IJP「JV300-190」を発売 1,950㎜幅に対応


【2017年12月19日】ミマキエンジニアリングはこのほど、「JV300-190」の販売を日本国内で開始した。「JV300-190」は2014年に発売したソルベント系IJP「JV300-130/160」の新ラインナップ。

ミマキエンジニアリング JV300-190

メディアは1,950mm幅までセットでき、従来より大きなサイズの出力ができる。
これにより、テント用のターポリンや工事用の養生幕をはじめとした1,900㎜幅メディアへのプリントに対応する。
また、新規設計の巻取りを2基搭載することで重量のあるメディアの巻取りを可能にした。

ヘッド2基をスタガ配列し、乾燥性の良いSS21インクを搭載。34.3m2/h(のプリント速度を実現した。
さらに特許を取得している「3Wayインテリジェントヒーター」をはじめ、画質コントロール技術を盛り込み、突き抜ける速さと、息をのむ美しさを両立させている。

インクはC,M,Y,K,Lc,Lmの6色に加えてオレンジ、ライトブラックの2色が搭載可能。オレンジでは幅広い色域による色表現、ライトブラックでは美しいグラデーション、それぞれの特長を活かした高付加価値プリントが可能。
販売価格は3,150,000円(税別)。

同社では年間の販売目標を50台としている(日本のみ)。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.