プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大塚製薬 ガラス瓶容器の「ポカリスエット」を発売 容器回収・再利用のプラットフォーム「Loop」を活用 ラベルなし、王冠キャップ採用

LINEで送る

【2022年7月17日】大塚製薬はこのほど、ガラス瓶を容器とした「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売した。

これは、循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」を利用したもので、「イオン」と「イオンスタイル」販売されている。
「Loop」とは、米国テラサイクル社が開発した容器回収・再利用のプラットフォーム。日用消耗品や食品などで、繰り返し使えるリユース容器を利用するプラットフォーム。容器はアルミをはじめとした丈夫な素材を使ったリターナブル容器を使い、使用後は店頭の回収ボックスへ容器を返却することで、容器代に当たる金額が、「Loopアプリ」を通じてユーザーに返金される。
イオンでは、東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、京都府の66店舗でこの「Loop」を実施している。

 

容器は、新たにデザインしたリターナブルのガラス瓶で、内容量は250ml、ラベルはなく、ロゴなどは直接印刷している。また、キャップは栓抜きで開ける王冠タイプを採用した。
メーカー希望小売価格は230円(税別、デポジット料金70円含む)。

大塚製薬は、大塚グループの環境方針のもと、グループ全体で循環型社会の実現に向け、さまざまなアプローチやチャレンジを続けている。その中で、再利用モデルに適した強度、ポカリスエットの品質基準をクリアする容器を完成した。

イオン「Loop」特設サイト
https://www.aeonretail.jp/campaign/loop/

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.