印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

入門用3Dモデリングソフトウェア 「XYZmaker」のBeta版を発表 XYZプリンティングジャパン


【2016年3月17日】XYZプリンティングジャパンは3月15日、3Dモデリングソフトウェア「XYZmaker(XYZメーカー)」のBeta版を発表、無料ダウンロード提供を開始した。

XYZmaker は3Dモデリング・3Dプリントの初心者向けに開発されたもので、初めて3Dモデリング、3Dプリントを行うユーザーにも使いやすい、入門用の3Dモデリングソフト。
予め用意された円形や筒状のオブジェクトを組み合わせるだけで3Dデータを簡単に作成ができ、既存の3Dモデルデータを読み込んでの編集も可能。

イメージ

XYZprintingが運営する3Dデータ共有サイト「XYZギャラリー(http://jp.gallery.xyzprinting.com/ )」には数千の3Dモデルデータを掲載しており、事務用機器からコンピューター周辺機器まで、さまざまな種類のデータを無料で入手できる。
また、自分が作成した3Dモデルデータを「XYZギャラリー」に保存、公開するなども可能だ。

「XYZmaker」は、STL/AMF/OBJ/PLY形式の3Dデータファイルに対応。「ダヴィンチ Jr.」、「ダヴィンチ」、「ダヴィンチ Pro」、「ノーベル」といったXYZプリンティング製3Dプリンターなどで3Dプリントできる

Beta版のダウンロードは以下から
http://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/XYZmaker

 

1 2

3 4

 

 

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.