プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

XYZプリンティングジャパン 粉末焼結方式3Dプリンタ「MfgPro236 xS」を発売 パワーアップで硬質な「PA6」パウダーに対応

LINEで送る

【2022年6月23日】XYZプリンティングジャパンは6月22日、粉末焼結方式3Dプリンタ「MfgPro236 xS」を発売した。

「MfgPro236 xS」は、60Wの高出力レーザーと、比較的硬度の高いパウダー材料「PA6」での造形に対応したSLS方式3Dプリンタ。
同機は3Dプリンタ「MfgPro230 xS(以下MP230)」の上位機種で、レーザー出力を30Wから60Wにアップグレードしたことにより「PA6」に対応した。

現在、SLS方式3Dプリンタの材料として「PA12」が一般的。これは耐久性のあるナイロン素材の中では、比較的扱いやすく造形安定性に優れているためだ。
一方、実際の工業製品に採用されているナイロン素材という点では「PA6」の方が、普及度が高い。強度や硬さなどの機械特性に優れ、耐薬品性、耐油性なども良く機械部品に適している。このため電気・電子業界、自動車業界等幅広い分野で使われている。
価格は16,500,000円(税別)。

なお、同機は6月24日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されている展示会「次世代3Dプリンタ展」で展示される。

第5回 次世代3Dプリンタ展(日本ものづくりワールド内 2022内)
https://onl.bz/AvzpBGy

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.