印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【IGAS2015特集】展示会リポート②「FFGS」UVインクジェットで軟包もカバー サンプル豊富に


【2015年9月14日】富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS、ブース5-1)は軟包装用UVインクジェット(IJ)印刷機「MJP20W」(ミヤコシOEM)を展示している。
同機は最大基材幅580mm、シングルパス方式で最大毎分50mでの印刷が可能。オリジナルインクの採用により、UV特有の臭気をほぼなくしている。これにより、軟包装で利用されることの多い食品分野のデジタル化を促す。

085 IGAS2日目2 072

サンプルではお菓子に「季節のイベント」や「家族へのメッセージ」を入れたパッケージを展示。季節・イベントでのカテゴライズ、個人向けに訴求するパーソナライズというデジタルならではの展開例を紹介している。

IGAS2日目2 071 IGAS2日目2 067

紙工でもデジタル機
同じくデジタル印刷機ではB2サイズ枚葉タイプの「Jet Press 720S」を実演。0.34mmまでの紙厚に対応しており、少量から中量の紙器作成で力を発揮する。
会場ではサンプルを多数展示し、品質の高さや用途の幅広さを訴求している。

IGAS2日目2 076 IGAS2日目2 079

屋外はIJPで新製品
屋外用大判UV-インクゲットプリンタ(IJP)では新発売の「Acuity LED 1600」を出品。最大メディア幅1620mmの広幅に、従来比1.5 倍以上の毎時33㎡の高速出力モードを搭載し、高い生産性を誇る。

IGAS2日目2 074

このほか、参考出品でCMYKに加え白インクも使用できる電子写真方式の「Xerox iGen 5 150 Press」を展示。枚葉搬送で364×660mmサイズの用紙に対応している。

IGAS2日目2 075


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.