印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

【IGAS2015特集】展示会リポート⑤小森コーポレーション オフセットとデジタルをつなぐ最新UVインクジェット機を出展 UV臭なく仕上がりは良好


【2015年9月15日】小森コーポレーション(ブース3-1)は今回、最大規模のブースを構築。出展のテーマを「Open New Pages」とし、「オフセットとデジタルをつなぐ」など新しい同社の姿をアピールしている。

IGAS3日目 160 IGAS3日目 162

新開発のUVインクジェットデジタル印刷機「Impremia IS29」は、最大用紙サイズ585×750mmに対応した同社ではほぼ初の本格的なデジタル印刷機。新インク技術によりプレコートなどの特別な処理が不要で、比較的用紙を選ばず、紙厚も0.06~0.6mmまで対応し、商業印刷はもちろん、パッケージ印刷でも力を発揮する。
現在、同社で確認している対応用紙は約300種類で、さらに増えるという。最大印刷速度は片面で1時間に3000枚。

IGAS3日目 165

印刷サンプルはUV臭がほとんどなく、仕上がりは初出展としては非常にレベルが高い印象。記者が見た回だけかもしれないが、サンプルにはチェーンが付けられており、刷り上がり品の配布がなかったことが少し残念。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.