プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 6か国語対応の「DNP多言語案内システム」搭載サイネージ 高松兵庫町商店街に提供


【2017年10月3日】大日本印刷(DNP)は9月29日から、香川県の高松兵庫町商店街が実施しているインバウンド誘致の実証実験に「DNP多言語案内システム」を搭載したデジタルサイネージを設置した。
設置期間は2022年3月31日まで。

高松兵庫町商店街振興組合は芸術観光をはじめ、瀬戸内エリアの観光拠点に近接している場所。
この実証実験では訪日外国人の集客と消費拡大のため、ICT(情報通信技術)を活用し、地域活性化を図る。

DNPは「おもてなしICT協議会」の一員として参画。デジタルサイネージならではの機能を活用して、香川県と高松市が提供する観光情報を配信するなど、瀬戸内を観光する訪日外国人の周辺観光地への回遊や商店街への集客を支援する。

 

「DNP多言語案内システム」

「DNP多言語案内システム」搭載のデジタルサイネージは、高松兵庫町商店街(2台)、フェリー乗り場、JRホテルクレメント高松、JR高松駅(手荷物預かり所)の4カ所に合計5台が設置された。

システムは日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語の6言語に対応。
周辺の観光スポットの検索とスマートフォンへの取り込みができ、現在地からのルートもスマホで表示できる。

このほか、「デジタルパンフレットでの観光情報の提供」や「クーポン発券機」などの機能がある。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.