プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

2015年度 医薬品容器・包装材の市場は1,552億円(前年度比2.2%増) TPCマーケティングリサーチ


【2017年7月29日】TPCマーケティングリサーチはこのほど、「2017年 医薬品容器・包装材の市場動向分析調査」を発刊し、医薬品容器・包装材市場について調査結果を発表した。

2017年 医薬品容器・包装材の市場動向分析調査

これによると、2015年度の医薬品容器・包装材の市場は、前年度比2.2%増の1,552億円だった。

要因としては、ジェネリック医薬品市場が拡大したことにより、PTP包材を中心としたプラスチック製容器の需要が増加したことが挙げられる。

研究開発面では、PTPを中心に容器の高付加価値化に関する研究開発が盛んに行われている。具体的には、住友ベークライトやサンエー化研などが、超高防湿性のPTP包装シートを開発している。
また、プラスチック容器では、環境負荷の低い容器があり、大成化工や伸晃化学がバイオマスプラスチックを素材としたプラスチック容器を開発している。

生産面では、安全性の高い包材を生産するために、工場のクリーンルーム化や最新の検査装置を導入する動きが見られた。

販売面では、特定の顧客ニーズに応える販売活動が活発化している。阪神化成工業は、ユーザーの要望に合わせたオリジナルの容器を提案することによって、プラスチック容器で高い採用実績をあげている。
「2017年 医薬品容器・包装材の市場動向分析調査」では、医薬品容器・包装材市場を詳細に分析するとともに、主要企業の売上を包装形態別、素材別に算出。さらに、各社の製品展開状況、生産・販売状況、研究開発動向等も調査している。

 

「2017年 医薬品容器・包装材の市場動向分析調査」

資料体裁:A4判 132頁
発 刊 日:2017年7月25日
頒   価:87,000円(税抜)

詳細
http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410170357

TPCマーケティングリサーチ株式会社
http://www.tpc-cop.co.jp/


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.