印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷がイスラム圏向けパッケージ制作を支援 モニター調査や勉強会も開催


【2016年3月4日】凸版印刷は4月から、日本で初めてのムスリムフレンドリーな製品パッケージの調査、商品開発、製造までを総合的に支援するサービスの提供を開始する。

同サービスでは、訪日ムスリム観光客のニーズや好みに合うデザイン表現や、原材料などの表現手法など、ムスリムフレンドリーな製品パッケージの企画・制作から製造までトータルに対応する。

ムスリム向けパッケージ制作支援

また、イスラームに居住のムスリムへのモニター調査や市場調査を支援。日本食や日本の風習にあまりなじみのない現地の被験者の声を、製品・サービスの開発に反映できる。
このほか、ムスリムに関する基礎知識やトレンド情報、ムスリムフレンドリーな製品パッケージに関する勉強会の開催を支援する。

同社はサービス提供の理由を、訪日外国人数の増加や消費税法施行令の一部改正、TPPの締結などとしており、日本の農林水産物や食品の輸出ニーズが高まると予想している。

今後は同サービスを食品業界やトイレタリー業界、化粧品業界などに向け拡販し、2018年度に関連受注を含め約5億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.