プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【IGAS2018速報④】「リコー」「キヤノン」「ミヤコシ」


【2018年7月27日】「IGAS2018(International Graphic Arts Show 2018、国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」が7月26日、江東区有明の東京ビッグサイト東ホールで開幕した。
主催は日本印刷産業機械工業会、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会。

「IGAS2018」は、展示規模は、出展者数は319社・団体、2,702小間(前回345社、2,688小間)。来場者数は5万7000人を見込む。
開場時間は午前10時から午後5時まで(開催初日のみ11:00~17:00)。

プリント&プロモーションでは会場速報として、写真を中心に注目の展示を紹介する。社名の後のカッコはブース番号。

【IGAS2018速報①】「日本HP」「アグフア・ゲバルト」「SCREEN&MTJN」「コダックジャパン」

【IGAS2018速報②】「小森」「リョービ」「コニカミノルタ」「コダック」

【IGAS2018速報③】「ミマキ」「エプソン」「富士フイルム」

 

速報④

リコージャパン(3-2)は、産業用プリンタと大判プリンタで新製品、参考出品があった。
フラグシップモデルの新製品「RICOHPro Pro C9200」を展示。色味調整や画像位置調整などの作業を自動化していることをアピールしている。

また産業用のデジタル印刷機「Provc60000」も、デモを印刷を行っている。

大判では昨年、米国SGIAで発表したUV硬化型のフラットベッド機「Pro T7210」を出品し、さまざまな素材への印刷サンプルを紹介している。

このほか、ロールタイプではラテックスインク搭載の参考出品もあった(撮影不可)。
出力速度は1時間に25㎡で、高い生産性と自動メンテナンス機能を付与している。

テキスタイルプリントでは「Ri100」を出品。子どもの絵をオリジナルグッズにするKDDIの「キッズコレッジオ」で、トートバッグなどを作成したサンプルに人気が集まった。

同ブースでは1日8回の内部ツアーを行っている。

 

キヤノンマーケティングジャパン(2-4)は、昨年発表した大判プリンタ「Colorado1640」を出品。ジェルインクによる表現を活用した制作物で、自社ブースを装飾するなど性能をアピールしている。

B2+デジタル印刷機「VOYGER」は筐体イメージ展示で、サンプルを多く陳列している。

 

ミヤコシ(5-2)は、自社が持つデジタル印刷機を多数展示している。
「MJP30AXF」は、環境配慮をコンセプトとした軟包装向けフルカラー水性インクジェットプリンタ。今回はフィルム製のラベルなど出力実演し、サンプルの展示も行っている。

フルカラー水性インクジェットプリンタ「MJP20AXW」、ラベル用オフセット印刷機「MLP10L」なども展示する。

 

【IGAS2018速報①】「日本HP」「アグフア・ゲバルト」「SCREEN&MTJN」「コダックジャパン」

【IGAS2018速報③】「ミマキ」「エプソン」「富士フイルム」

【IGAS2018速報②】「小森」「リョービ」「コニカミノルタ」「コダック」

 

IGAS2018
https://www.igas-tokyo.jp/


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.