プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【IGAS2018速報①】「日本HP」「アグフア・ゲバルト」「SCREEN&MTJN」「コダックジャパン」


【2018年7月27日】「IGAS2018(International Graphic Arts Show 2018、国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」が7月26日、江東区有明の東京ビッグサイトで開幕した。
主催は日本印刷産業機械工業会、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会。

IGAS2018 速報

「IGAS2018」は、「Venture into the Next ‘-変わる印刷、変える未来-」をテーマに、印刷関連する資機材やサービスを集積している。展示規模は、出展者数は319社・団体、2,702小間(前回345社、2,688小間)。来場者数は5万7000人を見込む。
開場時間は午前10時から午後5時まで(開催初日のみ11:00~17:00)。

プリント&プロモーションでは会場速報として、写真を中心に注目の展示を紹介する。

【IGAS2018速報②】「小森」「リョービ」「コニカミノルタ」「コダック」

【IGAS2018速報③】「ミマキ」「エプソン」「富士フイルム」

【IGAS2018速報④】「リコー」「キヤノン」「ミヤコシ」

 

速報①

日本HP(東4ホール・4-1)は「紙、復活。」をテーマに、「WONDERLAND(ワンダーランド)」と称したブースを構成している。

日本初展示のフォト専用モデルのロール機「HP IndigoWS6800P」をデモ。高精細の「HP Indigo12000HD」や枚葉機の「HP IndigoWS7900」も出品している。

また、大判プリンタでは「HP Latex R2000 Plus」を出品。「リジット(フラットベッド)」と「ロール」の両方の搬送を取り入れたラテックス機を日本で初公開している。

 

日本アグフア・ゲバルト(東4ホール・4-2)は、大判のUV硬化型インクジェットプリンタ「ANAPURNA H2050i LED(アナプルナ H2050i LED)」を展示している。

このほか、新製品では、自動化CTPパレットローディングシステム「Expert Loader(エキスパート・ローダー)」や、プリプレスワークフローの最新バージョン「APOGEE 11(アポジー11)」を実機出品している。

 

SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)メディアテクノロジージャパン(MTJN)(東2ホール・2-1)は、「Digital Everywhere! ~デジタル印刷で世界が変わる。SCREENが変える。~」が出展テーマ。
メイン展示の「TruePressJet520HD」では、「SCインク」を使用し、オフセットコート紙への直接印刷を行っている。同機は1200×600dpiで毎分75m、6色対応。

このほか、トランザクションでは「「TruePressJet520NX」、ラベルソリューションでは「TruePressJet350UV+LM」を出品し、カルテスのレーザーダイカット装置で抜き加工も行っている。

このほか、プルーフ用の「Proof Jet L780 MARKⅡ」や、後加工用でデジタル箔・ニスが可能な「Scodix Ultra Pro」なども展示している。

 

コダック ジャパン(東4ホール、4-4)は、デジタルプリント関連では、イタリア最大のフレキソ印刷機メーカーUtecoグループとコダックが共同開発した「SAPPHIRE EVO」や「PROSPER 6000Sプレス」の印刷サンプルを紹介している。

【IGAS2018速報②】「小森」「リョービ」「コニカミノルタ」「コダック」

【IGAS2018速報③】「ミマキ」「エプソン」「富士フイルム」

【IGAS2018速報④】「リコー」「キヤノン」「ミヤコシ」

 

IGAS2018
https://www.igas-tokyo.jp/


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.