プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

開催レポート3「2017 JPM協会展」 店頭販促物の衝撃作も! 明日28日まで開催


【2017年9月27日】「第47回 日本プロモーショナル・マーケティング協会展(JPM協会展)」が9月26日、東京都台東区の都立産業貿易センター 台東館(東京都台東区花川戸2-6-5)で開幕した。

JPM協会展は、店頭で販売促進に利用されるPOPやディスプレイ、その企画などに関するコンペティションの優秀作品の展示を中心としたイベント。

特に「JPMクリエイティブ・ソリューション・アォード」の入賞作品は、毎年、広告代理店やデザイン事務所、印刷業界のデザイナーから熱い注目を集めている。

レポート3でも金賞作品をレポートする。
作品名の後のカッコ内は作品番号と広告主。(場内は撮影禁止)

【関連記事】
開催レポート1「2017 JPM協会展」 経済産業大臣賞&金賞作品を会場から報告

開催レポート2「2017 JPM協会展」 POPやディスプレイの超優秀作を紹介 明日28日まで開催 

 

 

運輸・エネルギー・スポーツ・旅行

「あれ?絵が動いてる!?青森の四季変幻灯ポスター」(431、ジェイアール東日本企画盛岡支店青森営業所)は、青森函館ディスティネーションキャンペーンの告知ポスター。

一見普通のポスターだが、よく見ると各部位が変幻灯の揺らぎで、ゆらゆらと動いているように見える。
当たり前のポスターと思っていると、動き出すので、そばを通る人は思わず足を止めて、見てしまうという効果に加え、口コミやSNSでの拡散効果も発揮した。

来場者からも思わず「これは見入ってしまう」「印象に残るねえ」という声が上がっていた。
それも、従来からあった資機材を組み合わせて構成されている点も注目される。

 

ハンガー

「花火企画販促物販売台」(507、森永製菓)は、お酒売り場でのクロス販売を目的としたもの。吊り下げタイプで場所を取らずに日本人が最も好む「しお味」をPRしている。

 

ショウカードスティッカー

「ハミングFine Tシャツ香り見本(4種)」(336、花王)は、Tシャツ型の香り見本で、コンパクトで直感的に使用シーンや防臭機能を連想させている。

 

のれんバナーフラッグタペストリーウォール

「殺虫剤コーナー演出POP」(537、フマキラー)は、競合他社も含む殺虫剤売り場を盛り上げる演出し、ユニークな見た目で消費者を誘引する。
注目は無視の胴体部分に使われたハニカム構造で、輸送時はたたんで置き、売り場で広げる、また、広げた時には迫力のある演出となる。広げ方により「吊り下げ」「置き」、「片面」「両面」の両方に対応するところもユニークだ。

 

のぼり立て看板インフレータブルカットアウト

問題作ともいえる大胆なメッセージを発信しているのは「メンズグルーミングフロアパネル」(541、パナソニック)。
「アンダーヘアーは、ファッションだ。」という衝撃的なコピーとともに、男らしい半裸の男性の体が描かれている。

 

サイン

「Ploom TECHクラブ向けサイネージ什器」(563、日本たばこ産業)は、におい·煙の出ない次世代たばこをオリジナル3DアニメーションPRしている。

 

キット

「サントリーウイスキー強炭酸コーナー化キット」(588、サントリー酒類)は角瓶·トリス・ジムビームを、新発売の強炭酸ソーダと一緒に展開。高品質の「強炭酸ハイボール」を売場から発信している。
全体が黄色で統一された什器に迫力がある上、「強炭酸ハイボール」のPOPが立体で取り付けられており、視認性の高さは抜群だ。

 

海外

「ロレアルウモンズディフロアツール」(624、L’Oréal China)は、中国の女性の祭りの日である3月8日に向けたスタンディPOP。

エッフェル塔とモチーフにするなど中国の女性のあこがれをくすぐるおしゃれなイメージ展開に驚かされる。

 

テクニカル・審査員特別賞

「ふだんSAKE電子ペーパーイベントコスチューム」(629、大関/菊正宗酒造)は、酒造2社が実施した「ふだんSAKEfes2017」合同イベントで、コンパニオンが着用したユニフォーム。

電子ペーパーでできており、青から白に色が変化する姿にはだれもが思わず視線を止めてしまう。
※たばこ部門は撮影禁止とのことで、ここでは取り上げない。

 

【関連記事】
開催レポート1「2017 JPM協会展」 経済産業大臣賞&金賞作品を会場から報告

開催レポート2「2017 JPM協会展」 POPやディスプレイの超優秀作を紹介 明日28日まで開催 

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.