プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

開催レポート1「2017 JPM協会展」 経済産業大臣賞&金賞作品を会場から報告


【2017年9月27日】「第47回 日本プロモーショナル・マーケティング協会展(JPM協会展)」が9月26日、東京都台東区の都立産業貿易センター 台東館(東京都台東区花川戸2-6-5)で開幕した。

JPM協会展は、店頭で販売促進に利用されるPOPやディスプレイ、その企画などに関するコンペティションの優秀作品の展示を中心としたイベント。

特に「JPMクリエイティブ・ソリューション・アォード」の入賞作品は、毎年、広告代理店やデザイン事務所、印刷業界のデザイナーから熱い注目を集めており、来場者が日本で一番メモを取る展示イベントとしても知られている(場内は撮影禁止)
今年は経済産業大臣賞をはじめ、631点が展示されており、その陳列の機能性や、PRの演出などが公開されている。

これらを今回は経済産業大臣賞と金賞を中心にじっくりとレポートしてみたい。
作品名の後のカッコ内は作品番号と広告主。

【関連記事】

開催レポート2「2017 JPM協会展」 POPやディスプレイの超優秀作を紹介 明日28日まで開催 

開催レポート3「2017 JPM協会展」 店頭販促物の衝撃作も! 明日28日まで開催

 

 

経済産業大臣賞

経済産業大臣賞「『メアリと魔女の花』劇場用スタンディ」(463、東宝)は、なぜか縦置き。「タイトルの向きがおかしい?」「経済産業大臣賞なのに置くスペースがなかった?」と思ったら、説明にもある通りこの向きでいいのだそうだ。

90度に立てたトリックアート風のデザインにすることで、ホウキにまたがる姿をディスプレイに負担なく撮影できる上、ホウキにつかまって落っこちそう、といった演出も可能なのだ。
ようは、カメラを立てるか、寝かせるかするだけで、面白い絵が撮れる仕掛け。

こんな感じでカメラの角度を変えれば、あら不思議。飛んでいる感がものすごく増す。
さらに逆さにすれば、「うわ~~~!落ちる~」なんて演出も。

このディスプレイの目的はTwitterに応募してもらうキャンペーンへの誘引策。
出品された部門は「出版・エンタテインメント・金融・その他の業種」で、この部門には映画館内に展示される超大型のディスプレイセットが多い。そのセットの中に入り込んで撮影し、SNSで拡散してもらうという意図のものがほとんどだった。

SNS時代になり子供向けアニメを中心だが、来場者が一緒に撮ることを目的とした、俗にいう「インスタ映え」するディスプレイが間違いなく増えていることが実感できる。
経済産業大臣賞受賞作品は、この傾向を顕著に表したものといえる。

 

薬品・医薬雑貨

「3連モニター付きコルトン什器」(24、ANW)は、カラーコンタクトレンズのPRでディスプレイ。
コンテンツ映像を連動させた3連モニターがついていて、人感センサーで人がそばによると商品ロゴやCM映像が流れだすというとてもクールなディスプレイだ。

 

トイレタリー

「リステリン定番什器」(42、ジョンソン·エンド·ジョンソン)は、最下段に置かれがちなマウスウォッシュを、上段に展開してもらうための店頭施策。リステリンブランドカラーのカセット什器でブランドブロッキングし、定番コーナーでの存在感を高めている。
店頭での”棚取り”も含めた戦略は、新規顧客の獲得を目的としたもの。

 

化粧品カウンター部門 (販売・陳列機能)

「LOVE YOUR SKINカウンターDP」(110、I-ne)は、オーガニック植物を使ったボタニカルコスメ。
什器全体を洗面台に見立てて、そこに商品を配置しており、使うシーンを訴求している。
スクリーン印刷で、凹凸を表現したタイルも見事だ。

 

化粧品 カウンター部門(告知・演出機能)

バイタル展示台B差替EG 10月(16M)(133、アルビオン)は、肌荒れなどのトラブルを防ぐ化粧品。厚みのあるアクリルとミラー、うるおいをイメージさせる、大きな水滴のような透明の半球POPなど、限られた空間を華やかに変える演出が施されている。

化粧品のコーナーでは、メモを取りながら「こんな仕事してみたいなあ」「お金かけててうらやましい。商品も高級そう」という来場者の声が耳に届いてきた。やはり、化粧品ディスプレイはクリエイターにとって憧れであるらしい。

 

化粧品 フロア部門

16秋前LGM床置き販売台セット(195、コーセー)は、ひと塗りでどんな口紅も落ちない口紅になるコート材。
「カップに付かない」という商品特性を一目で分かるよう立体で表現している。
唇って、ドアップで使うと下品になりやすいけど、これは迫力がありながらも安っぽく見えないところに魅力がある。

後ろを通った女性二人組も「これいいね。すぐほしい」「やだ、浮気用でしょ!?」などと会話が弾んでいた。
クリエイターも女性を起用しており、女心が分かった作品ということか。

「2017 JPM展」は9月28日(金)まで開催。開催時間は午前10時から午後5時まで(最終日午後4時まで)。
主催は日本プロモーショナル・マーケティング協会(JPM)。

レポート2につづく

 

【関連記事】

開催レポート2「2017 JPM協会展」 POPやディスプレイの超優秀作を紹介 明日28日まで開催 

開催レポート3「2017 JPM協会展」 店頭販促物の衝撃作も! 明日28日まで開催

 

2017 JPM展
http://jpm-inc.jp/exhibition/about.php


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.