プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ローランドDG 中国・景徳鎮に3Dプリンタ事業の合弁会社を設立 窯陶業に革命的技術を提供


【2022年9月16日】ローランド ディー.ジー.(ローランドDG)はこのほど、中国・景徳鎮にバインダージェット方式3Dプリンタ事業の合弁会社である微瓷科技(江西)有限公司を設立した。

バインダージェット方式とは、3Dプリンタの造形方式のひとつで、プリントヘッドのノズルから液体の「バインダー(結合剤)」を主材料となる粉末に噴射し、造形物をつくる方式をいう。
切削加工機では作り出すことができない精緻な中抜きのセラミックス3D造形体を造形可能。表面に釉薬を施すことにより、色彩表現にも対応する。

ローランドDGは、中国の愛司凱科技股份有限公司(AMSKY)、景徳鎮昌南新区中熙投資合伙企業(中熙投資公司)、AGCセラミックス (AGCC)とともに、今回の合弁会社を設立。
合弁会社で行う事業は、セラミックス用バインダージェット方式3Dプリンタおよびセラミックス造形材料、そのほか補助材料の販売、セラミックス3D造形体の受託造形サービス、教育・体験センター運営など。

景徳鎮市は、中国江西省北部に位置し、千年以上の歴史を持つ世界でも有数の窯業・陶芸の生産地。現在、複雑繊細な形状の陶芸品の多くは職人による伝統的手工業によって制作されている。同業界は後継者不足の問題があり、3Dプリンティング技術の導入により、これらの課題を解決するという狙いがある。

ローランドDGでは、AMSKYおよびAGCCとのパートナーシップにより、中国国内の新規市場を開拓し、当社技術の活用用途を拡げていくとしている。

 

合弁会社概要

社名:微瓷科技(江西)有限公司 (英語名:CERAWEI TECHNOLOGY CO.LTD)
場所:中華人民共和国江西省 景徳鎮市
登録資本:2,850,000米ドル
出資率:AMSKY 51%、中熙投資公司 24%、AGCC 20%、当社 5%

ローランド ディー.ジー.
https://www.rolanddg.com/ja

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.