プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

セイコーエプソン「インクジェット イノベーションラボ富士見」を10月から本格稼動 技術革新の拠点に


【2019年8月26日】セイコーエプソンは10月から、富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)内の「インクジェット イノベーションラボ富士見」を本格稼動する。

同施設では、インクジェット技術の工業応用を促進し、広く研究機関や企業と連携して研究。
インクジェット技術が応用できる新たなアプリケーションやニーズを開拓して、インクジェット印刷の新市場を創出し、エプソンのインクジェットプリントヘッドの産業利用を加速させていく。

エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げており、特にインクジェットイノベーションでは、ヘッド技術の「PrecisionCore」を中心としたコアデバイスを用いたインクジェットプリントヘッドの外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指している。

「インクジェット イノベーションラボ富士見」の開設は、その具体的な施策のひとつ。エプソンのインクジェットヘッドを搭載した IJ 描画装置や IJ 吐出評価機をはじめ、電子デバイスの試作および評価を行うことができる一連の設備を備えている。

今後、エプソンでは、同施設を拠点として、インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や新素材の開発など技術の応用範囲を拡大していく。

 

エプソン細野聡執行役員 技術開発本部副本部長コメント

私たちは、印刷性能・環境性能・インク対応性などに強みを持つエプソンのインクジェットプリントヘッドを軸としたソリューションの提供により、お客様の印刷・生産プロセスを革新することを目指しています。
そのために、この『インクジェット イノベーションラボ富士見』を第一歩として、私たちと同じ志を持つ多くの方々と出会い、ともにイノベーションを生み出す場を広げていきたいと考えています。

 

富士見事業所の概要(2019 年 3 月 31 日時点)

所 在 地 〒399‐0293 長野県諏訪郡富士見町富士見 281
事業内容 半導体事業、センシング機器事業、研究開発、生産技術開発
土地面積 247,143 ㎡

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.