印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

凸版印刷と伊藤忠商事 タイで軟包材事業に参入 現地のトップ企業TPNグループに出資


【2017年4月6日】凸版印刷と伊藤忠商事は、タイで総合パッケージング事業を展開する「Thung Hua Sinn Printing Network(TPNグループ)」と共同で、タイの軟包材事業に参入する。

これに先立ち、TPNグループが新設した軟包材会社であるTPN Food Packagingと 4月6日に資本業務提携契約を締結。凸版印刷と伊藤忠商事はTPN Food Packagingの10.7%の株式を取得する予定。

凸版印刷 伊藤忠商事 Thung Hua Sinn Printing Network

TPNグループは、1953年に創業し、タイで紙器・ラベル・軟包材事業を展開するタイではトップクラスの総合パッケージ企業。
現在、グラビア印刷を中心とした軟包材事業を拡大を目指しており、2016年6月にTPN Food Packagingを設立している。

一方の凸版印刷は、ASEAN地域へのグローバル展開で、インドネシアでは1973年から軟包材を、タイでは1990年から紙器の製造・販売を行っている。

近年、ASEAN地域では経済成長が著しく、スーパーやコンビニエンスストアなどの近代的商店が増加し、流通形態の変化が加速している。また、タイは以前から食品加工がさかんで、輸出量も年々増加。
これらのことから、タイの軟包材市場は約1,200億円と推計されている。

今後、凸版印刷と伊藤忠商事は、TPN Food Packaging、TPNグループと共同で、タイおよびインドシナ半島市場での軟包材事業の拡大を目指し、事業拡大とともに、TPN Food Packagingへの追加出資も行っていく予定。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.