印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

宅配タイプのお弁当が広告媒体に? 月間30万食「ごちアド」がサービス開始


【2016年8月26日】スターフェスティバルは8月23日、同社が提供する月間30万食の弁当利用者に向けて商品広告やサンプリング配布を提供する新事業「ごちアド」サービスを開始した。

ごちアド スターフェスティバル

「ごちアド」はスターフェスティバルが運営する法人・団体向けのお弁当ケータリング総合モール「ごちクル」と、デリバリー型の社員食堂「シャショクル」の利用顧客にPRできる新たなプロモーションサービス。

ごちクルは(https://gochikuru.com/)ワンコイン弁当から、なかなか予約のとれない名店の味まで、インターネットから注文するだけで手軽に楽しめるデリバリーサービス。47都道府県をサービスエリアとし、全国で800ブランド8,000種の商品を取り揃える。

一方のシャショクル(https://shashokuru.com/)は、企業の会議室や空きスペースを利用して弁当を日替わりで販売する、デリバリー型の社員食堂。現在契約企業数は約150社におよぶ(対面販売プラン、定期配送プラン含)。

ごちアド スターフェスティバル

この月間30万食、約6万の法人アカウントの顧客を持つサービスを利用してプロモーションでき、地域や企業規模、業種などでセグメンテーションされたオフィスワーカーへ、ターゲットを絞った訴求ができる。
プロモーションの方法は「掛け紙」や「箸」などへの広告印刷はもちろん、サンプリング商品の付属などが可能。さらに料理も含めた弁当全体を広告媒体とすることも可能という。
スターフェスティバルでは、世界で1つだけのオリジナル弁当の制作や、有名料理店などとのコラボレーションなど、さまざまな活用方法があるとしている。

問い合わせは、ごちアド事業部(☎03-5447-5303 、受付時間平日9:30~18:30)。

問い合わせフォーム
https://gochi-ad.com/


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.