プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ハンガリー文化センターのビル外装に「東京2020」選手の写真 大会盛り上げる! ハンガリー大使館が企画


【2021年7月23日】今日いよいよ「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」が開幕。
これに合わせて、駐日ハンガリー大使館は企画展を開催し、大使館文化部であるハンガリー文化センターのビル外装が「東京2020」のハンガリー選手の写真を使用した大判のグラフィックデザインで覆われた。

これはハンガリー大使館の「東京2020」盛り上げプロジェクトの一つで、この外装のグラフィックデザインのほかにも、多くの企画がある。

外装グラフィックは、麻布十番商店街の一角にあるハンガリー文化センターが入居するビルの1階と2階オフィスの窓全面に掲出されている。
ハンガリー文化センターの建物自体を外に向けられた展示場として考え、選手と主要競技を紹介する。
窓に貼られた写真は、ハンガリーオリンピック委員会(MOB)所有のロゴ・イメージを使用したもので、外装は9月末までを予定している。


ハンガリー文化センター写真展の様子

同大使館では7月14日~8月19日(木)、ハンガリー文化センター1階多目的ホールにて今回のオリンピック参加選手達を写真と文章で紹介している。オリンピック期間中は、10時から17時まで毎日開館(最終入場は16:45まで)、ハンガリー選手の競技スケジュールに合わせて開館時間が延長する予定もあり、誰でも気軽にご入館できる(入場無料)。

ハンガリーの代表選手は夏季オリンピックで計491個のメダル(金175個、銀147個、銅169個)を獲得しており、オリンピックの未開催国では最多。フェンシングは金37個、競泳は28個、カヤック・カヌーは25個獲得しており、ハンガリーでは国技とも言える水球では9個の金メダルを獲得している。
伝統的に強いこれらの競技の現在活躍中の代表選手以外に、今回参加する陸上・ハンドボール・自転車・柔道・空手の有力選手も紹介する。

このほか、ハンガリー大使館内で写真展「東京オリンピック総合展」の開催や、インスタグラムアカウントの開設(@hungaryinjapan)などで、大いに大会を盛り上げる。

ハンガリー文化センターのホームページ
https://culture.hu/jp/tokio

ハンガリー文化センターのフェイスブック
https://www.facebook.com/HungarianCultureTokyo

近代オリンピックでのハンガリーの業績
https://culture.hu/jp/tokio/blog

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.