プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キンコーズ・ジャパン「紙資源の循環サービス」を開始 電子化後に捨てられる紙を「名刺」「DM」に 山陽製紙の「PELP!」活用


【2022年7月7日】キンコーズ・ジャパンはこのほど、山陽製紙の紙資源の再生ネットワーク「PELP!」を活用した「紙資源の循環サービス」を開始した。

 

「紙資源の循環サービス」は、紙文書を電子化した後の紙を名刺や封筒、販促物など新たな印刷物にアップサイクルして顧客に返還し、紙資源を循環させるサービス。

従来、紙文書は電子化した後、顧客に返却され、その多くが不用なものとなり、廃棄処分されている。
「紙資源の循環サービス」は、山陽製紙の紙資源の再生ネットワーク「PELP!」を活用し、これらの紙を再生する。

キンコーズはすでに「PELP!」の会員となり、自社発生の不用用紙を100%再生紙「PELP!PAPER」に再生し、従業員が使う名刺や封筒に利用している。
これを社外にも展開し、オンデマンドプリントで印刷物にアップサイクルすることで、顧客の環境活動への参画やSDGs推進を支援する。

「PELP!PAPER」では、約15㎏の不用用紙が約2,000枚の再生紙となり、「名刺」16,000枚、「封筒(角2)」500枚、「ポストカード・DM」4,000枚に利用できる。

「紙資源の循環サービス」のWebサイト
https://www.kinkos.co.jp/biz/solutions/document-management/paper-life-cycle/

「PELP!」サイト
https://www.sanyo-paper.co.jp/pelp 

キンコーズ・ジャパン
https://www.kinkos.co.jp/corporate/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.