プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷とIDS 公的カードの裏書変更用システム 7月から発売 A4サイズにICリーダー・スキャナを一体化


【2020年4月20日】大日本印刷(DNP)とDNPアイディーシステム(IDS)は7月から、「DNP券面プリントシステム」の販売を開始する。
IDSは各種IDカード用機器等を販売するDNPの100%子会社。

「DNP券面プリントシステム」は、マイナンバーカードや在留カードなどの本人確認書類の記載事項を変更する「裏書き業務」をサポートするもの。

同システムは、IDSが2014年度から販売していた「裏面プリントシステム」をリニューアル。印字後に残されたプリンタ内のインクリボンから個人情報を識別しにくくなる「個人情報保護機能」などを新たに搭載する。

このシステムの特長は、A4サイズ(高さ195mm×長さ205mm×奥行310mm)の小さな設置スペースに、ICリーダーとスキャナー、プリンタの機能を備えた一体型システム。


個人情報保護機能OFFの場合(上)、個人情報保護機能ONの場合(下)

機能面では、確認書類をプリンタに正しい方向で挿入したか検知する機能を搭載。1行のスペースに2行印字が可能な「2行印字サポート機能」も新たに搭載する。

2行印字サポート機能による「省スペース印字」(イメージ)

今後IDSは、全国の自治体向けに本システムを販売し、2024年度までに約3億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.