プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「ユポグリーンシリーズ」ラインナップを拡充 SDGsに対応 CO2排出量削減に貢献


【2019年12月3日】ユポ・コーポレーションは12月2日、オレフィン系バイオマス樹脂を一部配合した環境配慮型合成紙「ユポグリーンシリーズ」のラインナップを拡充した。

環境 イメージ

「ユポグリーン」は、「ウルトラユポ」「スーパーユポ」「アクアユポ」の全ラインナップを統合リニューアルしたシリーズ。同シリーズのコンセプトは、石油由来樹脂の代替にオレフィン系のバイオマス樹脂を一部配合し、従来と同等の品質性能で、温室効果ガス(CO2)排出量削減に貢献するもの。
これまで「ユポグリーンシリーズ」は「ウルトラユポ FEBG 300」のみだったが、今回のラインナップ拡充により、計3製品・12 型番がユポグリーンシリーズに加わった。

同社では、国連の掲げた持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals : SDGs)に合致する取り組みとして、CO2排出量削減に貢献するユポグリーンシリーズのラインナップ充実を積極的に推進し、2020 年度にユポグリーンシリーズ国内合計で年間2,000 トン、2022 年度には国内で年間 5,000 トンの販売を目指す。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.