プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー ハンディサイズの「RICOH Handy Printer」を発売 モノクロ出力を超小型で


【2019年4月6日】リコーは4月17日(水)、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどをどこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンタ「RICOH Handy Printer」を発売する。

「RICOH Handy Printer」は、印刷で新しい価値を生み出す」をコンセプトに開発したもの。通常のカット紙はもちろん、不定形サイズの用紙や段ボールなどの立体物、水引のついたのし紙など、プリンタに通らない、もしくは通しにくい紙にも印字できる。

サイズは本体重量約300gと小型化・軽量化を実現し、連続で2時間駆動できるバッテリーを採用している。
インクジェットヘッドが搭載された本体底部のインク吐出面を印刷媒体に置き、本体上部の印字スタートボタンを押しながらプリンタを水平にスライドさせることで、どこでも印刷できる。

印刷データはスマートフォンやパソコンのアプリケーションから Bluetooth、またはUSB接続により取り込む 。テキストデータや画像、QRコードやバーコードを印刷可能なため、製造業や小売業、物流業をはじめ、さまざまな業務や生活の中で活用できる。

出力解像度は600×600dpiに対応。テキスト、バーコード、QRコードに加え、画像やイラストなどプリント可能。

同製品では、WindowsとAndroid™のソフトウェア開発キットを無償公開。ユーザーのシステムからRICOH Handy Printerにダイレクトに印刷指示を行う際に活用できる。

「RICOH Handy Printer」活用イメージ動画

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.