プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷&日本ユニシス 6言語表示のデジタルサイネージを開発


【2017年9月21日】大日本印刷(DNP)と日本ユニシスは10月1日(日)、6言語表示に対応した観光案内用のデジタルサイネージ(電子看板)「DNP多言語案内システム」を発売する。


大日本 日本ユニシス デジタルサイネージ
機器イメージ(20インチタッチパネルの場合)

このデジタルサイネージは、画面上の地図から観光スポットを検索する機能や、QRコードを利用し観光スポットのデジタルパンフレット・地図などをスマートフォンにダウンロードする機能、クーポンの発券機能などを用意。
サイネージは、これらの機能により、周辺地域への回遊など観光を促進する。

この「DNP多言語案内システム」は、公共施設や観光スポットで来訪者が求める情報や機能を6言語(日本語、英語、中国語《簡体字・繁体字》、韓国語、タイ語)で表示可能。

大日本 日本ユニシス デジタルサイネージ

さらに情報をダウンロードできることで、ネットワーク切断時にも観光情報やパンフレットの情報を閲覧できる。

今後、DNPと日本ユニシスは、地方自治体やホテルに同システムを販売するほか、関連ビジネスを含めて、2019年度までに7億円の売上げを目指す。

なお、同システムは9月21日(木)~23日(土)に東京ビッグサイトで開催される「インバウンド・観光ビジネス総合展」のおもてなしICT協議会ブース(東6ホール IB-012)内で展示される。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.