印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

電子クーポンを使用済みにする「消し込み」 新システムでタッチするだけに! 三井不動産商業マネジメントが導入


【2016年10月15日】クーポンを使用済みにする「消し込み」、印刷物のクーポンであればスタンプを押したり、切り取ったり、捨ててしまえば済んだこの作業。デジタル端末ではクーポンにIDを付ける、サイトへアクセスさせるなど、ひと手間かかるケースが多かった。
アイ・エム・ジェイ PlusZone/Stamp

デジタルマーケティングを支援するアイ・エム・ジェイ(IMJ)はこの消し込み作業をスマートフォン上でタッチするだけで行えるシステム「PlusZone/Stamp」を開発。このほど、これを活用した消し込みサービスを、三井不動産商業マネジメントが運営する全国15の商業施設へ提供を開始した。

「PlusZone/Stamp」は、静電マルチタッチ技術を応用し、ブラウザ上でスタンプの押印認証を可能にした。
ユーザーのスマートフォンからサイト画面を表示することで使用でき、クーポンが表示されている画面にスタンプ筐体でタッチするだけで簡単に消込みができる。

導入も手間をかけず簡単にでき、スタンプラリーやポイントカード、クーポンなどの消込みで活用できる。
同サービスの導入により、施設スタッフへの負荷の軽減やクーポンの繰り返し利用の防止など、キャンペーンやプロモーション運営上の手間を大幅に削減できる。

三井不動産商業マネジメントでは、顧客対応サービスの向上を推進していることから「PlusZone/Stamp」を採用した。

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.