プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

日本印刷技術協会『印刷白書2020』を発刊 特集テーマは「コロナウイルスで変わる社会と印刷」


【2020年10月21日】日本印刷技術協会(JAGAT)は10月23日(金)、『印刷白書2020』を発刊する。

「印刷白書」は業界初の白書として1994年に発刊以来、毎年情報を更新し続ける印刷業界のデータ年鑑。
印刷産業の動向把握に必要な公表データを網羅・掲載し、トピックとなる情報、周辺業界や関連情報に加え、JAGATオリジナルデータも掲載している。

今回の第1部「特集」は、「コロナウイルスで変わる社会と印刷」がテーマ。
コロナ禍で生じたトピックを整理し、with/afterコロナの時代に対応していく印刷ビジネスとは何か、ニューノーマル時代のビジネスの現状分析と課題解決に取り組んでいる。

第2部「印刷・関連産業の動向」、第3部「印刷産業の経営課題」では、社会、技術、産業全体、周辺産業というさまざまな観点から、ビジョンを描き込み、今後の印刷メディア産業の方向性を探っている。
印刷メディア産業に関連するデータを網羅、UD書体を使った見やすくわかりやすい図版を多数掲載し、他誌には見られない経営比率に関する調査比較などのオリジナルの図版も増加した。

価格は9,900円。

なお、JAGAT会員企業の代表者には今回も無償で1部配布される。

 

印刷白書2020

監修・著: 公益社団法人日本印刷技術協会
判型: A4 判並製
図版:総図版点数142 点
頁数: 148 ページ
発行: 公益社団法人日本印刷技術協会
定価: 9,000 円+税
(JAGAT 会員は特別割引価格7,545 円+税)

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.