印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

第50回繊維学会紙パルプシンポジウム「ユーザーがICT時代に求める紙製品の最新動向」 印刷業界にもかかわる紙についての講演多数


【2015年12月4日】第50回繊維学会紙パルプシンポジウム「ユーザーがICT時代に求める紙製品の最新動向」が2月8日(火)、東京都文京区の東京大学農学部弥生講堂で開催される。

今回はICT(情報通信技術)時代に求められる紙、売れる紙とはどんな紙か。ビジネスの根本に立ち返り、紙のエンドユーザーを始め、ディーラー、エージェント、出版会社などの紙製品を取り扱う中間業者、競合製品の事情を熟知する調査会社など、紙の流通における各階層のエキスパートが、最新の動向と予測を披露する。
プログラムは次の通り。

 

9:30~ 9:50         開会挨拶

1.         9:50~10:40         「ICT活用によるパッケージングからの流通革命」
安川義浩(レンゴー(株) 段ボール・紙器・軟包装部門 開発本部 包装技術部長)

2.         10:40~11:30       「学生は紙の本や電子書籍をどう考えているか?」
島田貴史(慶應義塾大学湘南藤沢メディアセンター)

11:30~13:00       昼食休憩

3.         13:00~13:50       「次世代オンデマンド印刷のターゲットと求められる紙」
相馬謙一(日印産連デジタルプレス推進協議会 座長 / ディーケーエス 代表)

4.         13:50~14:40       「紙需要の予測トレンドとデジタル化の動向」
上野雅史(矢野経済研究所)

14:40~15:00       休憩

5.         15:00~15:50       「新興文具メーカーによる紙製品の市場展開の試みと経過」
武部健也(大和出版印刷(株) 代表取締役社長)

6.         15:50~16:40       「魅力ある紙商品の開発と市場の創出」
谷口和隆(平和紙業(株) 営業統括本部 全社販売推進部長)

16:40~16:50       閉会挨拶

17:00~19::00      懇親会(弥生講堂内会議室にて)

☆参加費:           上記学会・協会の会員       10,000円
会員外               12,000円
大学官公庁関係者               5,000円
学生・院生                  2,000円

☆懇親会費:       シンポジウム参加者           5,000円
懇親会だけ参加の場合       7,000円

 

★詳細は
http://www.enomae.com/senni_pp/50thSymposium.htm

 

★参加申し込みは
http://www.enomae.com/cgi-bin/senni_pp_symp_appl/50th/postmail_50thsymposium.ht


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.