プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【セミナーレポート】フォーム工連 「市場アンケート調査報告セミナー」② 「一般印刷の先に―ビジネスを成長に導くDMの先進事例―」イーストマンコダック  ウィル・マンスフィールド 氏


【2015年10月30日】日本フォーム印刷工業連合会(フォーム工連)は10月29日、東京都中央区新富の日本印刷会館で「市場アンケート調査報告セミナー」を開催。約90人が参加し、3人の講師による講演を受講した。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 014

レポート②では「一般印刷の先に―ビジネスを成長に導くDMの先進事例―」のテーマで、イーストマンコダック エンタープライズ インクジェットシステム事業部のウィル・マンスフィールド ワールドワイド セールス&マーケティングディレクターが講演した内容をお届けする。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 018 ティーミックス~フォーム工連アンケート 021

内容は以下の通り。
印刷業界は縮小しているというが、オフセット印刷の市場予測は2016年全世界で29兆ページもある。さらにデジタル印刷は11年3430億枚だったものが、16年には5480億枚となるこれは60%の増加だ。明らかにデジタルは伸びている。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 026

インクジェット(IJ)の市場規模も18年には全世界で810億$となり、これは年間成長率12%を超えるペースだ。IJ市場を用途別に見ると14~19年で雑誌が62.5%、カタログが33.1%という高い伸びを見せる。この分野に投資のチャンスがあるということだ。カタログと雑誌を合わせたような「マガログ」と呼ばれる印刷物が伸びる傾向にある。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 045 ティーミックス~フォーム工連アンケート 047

当社のIJ印刷機「Prosper6000」シリーズは最大で毎分300mのスピードを持つ。さらに複数ポイントでインクを乾燥する「インターステーション」を採用。従来の単一ポイント乾燥タイプ「ウエット・オン・ウエット」では、にじみが出てしまう用紙での仕上がりを未然に防止する。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 043 ティーミックス~フォーム工連アンケート 039

「成長に向けた5つの発想」として「値下げ競争に走らない」「新製品/新サービスの開発」「新しい用紙の活用」「顧客への啓発活動」「自動化の推進」を挙げており、これらとビジネスフォームで培った技術やノウハウを合わせれば、新たな印刷市場で活躍できるはずだ。

ティーミックス~フォーム工連アンケート 051

③では日本印刷技術協会(JAGAT)の藤井健人研究調査部長主幹研究員が「JAGAT印刷産業経営動向調査2015より」をレポートする。

◆関連記事
【セミナーレポート】フォーム工連 「市場アンケート調査報告セミナー」① 「フォーム印刷業界の現状と課題に関する調査報告」 市場調査委員会 石井啓太委員長

【セミナーレポート】フォーム工連 「市場アンケート調査報告セミナー」③ 「JAGAT印刷産業経営動向調査2015より」 JAGAT 藤井健人研究調査部長主幹研究員

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.