印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 昇華型プリンタ「DS-RX1」を今夏発売 小売店などでのプリント需要に対応


【2016年5月30日】大日本印刷(DNP)は今夏、アメリカ・アジア地域から、昇華型プリンタ「DS-RX1」のプリント速度を最大20%アップした海外モデルの新製品「DS-RX1HS」を順次発売する。また、「DS-RX1HS」で使用するメディア(消耗品)「RX1HS MEDIA SET」も同時に発売する。

同製品はワールドワイドで販売している6インチ用昇華型プリンタのエントリーモデル。
写真プリントの速度を最大20%アップし、PCサイズ2プリントで1時間あたり約290枚のプリントが可能となった。

phS_DS-RX1HS_1 大日本印刷

また、同社の昇華型フォトプリンター「DP-DS620」と比べ、エントリーモデルとしてプリンター、メディア(消耗品)とも低価格に設定している。

近年、生活者の写真プリントの利用シーンは広がりを見せており、アジア地域では証明写真の需要が、北米ではスーパーマーケットやドラッグストアでのプリントの需要が拡大している。
このため、DNPが2011年に発売した「DS-RX1」は、このニーズにこたえる昇華型フォトプリンターとして、アジア、北米、ヨーロッパを中心に多くの国々で広く利用されている。
今回の新製品はこのエントリーモデル版で、高画質とプリント速度を向上が特長。

プリント解像度は300×300dpi(高速モード)、300×600dpi(高画質モード)。
外形寸法は322(W)×351(D)×281mm(H)、重量は約14Kg。
価格はオープン価格。

同社では初年度20,000台の販売を目標としている。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.