プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

富士フイルムビジネスイノベーション 「令和四年度全国発明表彰」の「朝日新聞社賞」を受賞 プリンタの帯電ロールに関する技術で

LINEで送る

【2022年5月31日】富士フイルムビジネスイノベーションはこのほど、発明協会が主催する「令和四年度全国発明表彰」の「朝日新聞社賞」を初めて受賞した。

全国発明表彰は、科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に1919年に設立され、優れた発明・意匠を完成した者などを表彰している。


BCR表面の微小構造と出力画像の明度分布比較

今回受賞したのは「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」の発明(特許第6136862号)。この発明は、複合機やプリンタ等に搭載されるドラムカートリッジに使われている帯電装置の主要部品である帯電ロール(Bias Charge Roll、BCR)に関するもの。

高速デジタル印刷機(プロダクションプリンタ)は、高画質(粒状性が良好なザラツキ感の無い画質)が求められることから、これまで、高速デジタル印刷機の帯電装置には、中・低速デジタル複合機・プリンタで一般的に使用されているBCRではなく、高画質を実現するスコロトロンが使われていた。
しかし、スコロトロンは高画質を実現できる一方、BCRに比べて、コストや消費電力、部品の設置スペースなどで課題があった。

同社では、BCRの表面層を独自に設計することで、高速デジタル印刷機で求められる高画質を可能にするBCRを発明。スコロトロンをBCRに置き換えることによるドラムカートリッジの「低コスト化(70%減)」「低消費電力化(60%減)」「省スペース化(50%減)」などを実現した。

なお表彰式は、6月30日にThe Okura Tokyo(旧:ホテルオークラ東京)にて行われる予定。

 

受賞者は以下の通り

朝日新聞社賞
六反実
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 画像形成材料開発本部 機能部材開発部

杉浦聡哉
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 画像形成材料開発本部 機能部材開発部

萩原拓郎
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
エンタープライズドキュメントソリューション事業本部 第一商品開発部

大島穣
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 研究技術開発本部
システム技術研究所 チーム長

額田秀美
元富士ゼロックス株式会社 画像形成材料事業部 機能部材開発部

野中聡洋
元富士ゼロックス株式会社 画像形成材料事業部 機能部材開発部

発明実施功績賞
浜直樹
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 代表取締役社長・CEO

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.