プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ローランドDG カッティングマシンの新製品 「GR2シリーズ」の2機種を世界同時発表 8月から発売


【2021年7月20日】業務用インクジェットプリンタを製造・販売するローランド ディー.ジー.(ローランドDG)は8月から、カッティングマシン「CAMM-1(キャムワン)シリーズ」の新製品として、「GR2-640」「GR2-540」の2機種を世界同時発表する。
「GR2-640」は最大用紙幅1,782mm対応、「GR2-540」は、最大用紙幅1,594mm対応のカッティングマシン。

カッティングマシンとは、シートやフィルムをさまざまな形状に切り抜ける装置。大判インクジェットプリンタと組み合わせて利用することで、カラフルに印刷したグラフィックの輪郭をユニークなカタチに切り抜いたステッカーやラベル、店舗の各種デコレーションサインなどを作成できる。


CAMM-1 GR2-640

今回発表された「GR2-640/540」(GR2シリーズ)は、カッティングマシンとしての基本性能と低価格を両立するとともに、大判インクジェットプリンタとの連携を強化したシリーズ最新モデル。

製品は、最高1,530mm/秒のスピードと最大600gfのカット圧に対応し、薄手のカーフィルムや熱転写シートから、厚手の反射シートやサンドブラストシートまで、さまざまな素材のカッティングをカットできる。

また、GR2シリーズは、プリント後にカットするのための機能を有している。
「VersaWorks(バーサワークス) 6」の搭載で、同社の大判インクジェットプリンタと高い親和性を持ち、プリントとカッティングのデータを同じ出力用ソフトウェアからシームレスに出力できる。

入稿されたデータに「VersaWorks 6」上で、カッティングの輪郭線追加や、正確に切る抜くためのクロップマークを自動生成する。

標準価格は「GR2-640」が602,800円、「GR2-540」が437,800円(いずれも税込み)
同社では、販売目標を発売後2年間で3,000台としている(国内・海外の合計台数)。

 

主な仕様

製品名: GR2-640/GR2-540
最大カッティング領域: 1,627mm(幅)/1,372mm(幅)
カッティング速度: 30~1,530mm/秒
外形寸法/重量
【GR2-640】
1,982(幅)×756(奥行)×1,127(高さ)mm/69kg

【GR2-540】
1,711(幅)×651(奥行)×1,111(高さ)mm/60kg

発売時期:年8月より世界各地で順次販売を開始します。

ローランド ディー.ジー.ホームページ
https://www.rolanddg.co.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.