プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

三條機械製作所 ラベル印刷機「NSRe-250」を発売 ベストセラー後継機はセクショナルドライブ方式を採用


【2020年10月1日】三條機械製作所はこのほど、ラベル印刷機「NSRe-250」を発売する。
「NSRe-250」は、凸版完結輪転機で、同型の「NS-250」の後継機となるもの。「NS-250」は、国内で約400台を納入したベストセラー機で、新製品には同機ユーザーの要望が反映されている。

機能面では、各ユニットが独自駆動のセクショナルドライブ方式を採用。
ローラーの配列により、本来必要のない部分に濃淡が出てしまう「ゴースト」を解消し、デザイナーが我慢していたラベルデザインの制約からの解放を実現している。従来機では、ベタの中に白く穴をあけるようなデザインの場合、前後のデザインが濃くなる、もしくは薄くなるという現象があった。

効率化では、インキの濃度管理を数値化し、速度変化への追従機能を標準装備することで、ダウンタイムを抑制している。
さらに版交換などの際のタッチ回数を低減し、クイックジョブチェンジを実現している。

ベストセラー機の「NS-250」はシャフトドライブ式を採用しており、小型設計、電気故障のリスクが少ない反面、操作性に劣っていた。一方でセクショナル方式は操作性に優れているが大型化してしまう難点があった。
同機ではこのトレードオフの関係を技術力で解消している点も注目される。

製品の対応紙幅は50~250㎜、送り長は10~260㎜(条件による)、最大印刷面積はW240×L255㎜(条件による)。最大印刷速度は毎分210ショット(条件による)。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.