プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コダックの「プロセス フリー プレート」が20周年 「drupa2024」でハイライト展示

【2024年4月12日】コダックの「プロセス フリー プレート」がこのほど、20周年を迎えた。

現在、販売されている「 KODAK SONORA XTRA プロセス フリー プレート」は、材料研究とプレート配合開発への大規模な投資を継続的に行ってきた。
同プレートは、高速なイメージングや高い視認性、耐傷性といった特長があり、有処理版からプロセス フリープレートへの切り替えを容易にした。

2005年「KODAK THERMAL DIRECT ノンプロセス プレート」を発売。その後の2012年には、SONORA プレートの第一世代である「KODAK SONORA XP プロセス フリー プレート」が発売された。
2014年にはユーザーが1,000を超え、現在は世界中で6,000を超えるオフセット枚葉印刷機や輪転機がSONORA プレートを利用している。

なお、コダックは、ドイツのデュッセルドルフで開催される「drupa 2024」で、プロセスフリープレート技術の 20 周年についてハイライト展示を行う。

 

コメント

コダック会長兼最高経営責任者(CEO)ジム・コンティネザ氏
今年、コダックのプロセスフリープレート20周年を祝えることを嬉しく思います。 当社の研究開発チームのイノベーションと卓越性のたゆまぬ追求により、この効率的で持続可能なプレート技術を進歩させることができたことを誇りに思います。
現在、KODAK SONORA XTRA プロセス フリー プレートは印刷市場のスタンダードとなっており、当社は世界中の印刷会社の利益のために、比類のないプロセス フリー テクノロジーへの投資を継続していきます。

「drupa」でのコダック展示詳細は以下から
https://www.kodak.com/en/print/page/drupa/?CID=go&idhbx=drupa

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.