プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「IGAS2022」速報レポート2 デジタル印刷機・プリンタ展示各社 SCREEN、FGGS、リコー、ミヤコシ、キヤノン

LINEで送る

【2022年11月25日】「IGAS2022(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」が昨日11月24日、江東区有明の東京ビッグサイトで 開幕した。
開催は11月28日(月)まで。

今回のテーマは「Venture into the innovation!」とし、東京ビッグサイト東展示場1、2、3、5、6ホールで218社/団体が出展している。
入場は当日販売2,000円、事前登録の場合は無料。

レポート2でも、初日に取材した大規模ブースに関して、デジタル印刷機やその関連技術、サービスについて速報で紹介する。

【関連記事】

「IGAS2022」速報レポート1 デジタル印刷機・プリンタ展示各社 日本HP、エプソン販売、コニカミノルタ、イメージ・マジック、ミマキ

「IGAS2022」速報レポート3 大判プリンタとカッティングプロッタ NSK、swissQ、武藤、オーシャンテクノロジー、セルカム、ACS、コムネット、レザック

「IAS2022」速報レポート4 デジタル印刷機と関連機器・技術 小森、理想科学工業、ブラザー、京セラ、ホリゾン、光文堂、花王、山崎産業、マスターマインド

 

 

 

レポート2

SCREENは、デジタル印刷機各種を展示している。
「TruePressJet 520」は、コート紙対応インク「Truepress ink SC」(SC インク)の高色域表現が可能で、多様な用紙対応力がある。
今回同社ブースでは、同機を使用した「デジタルスマートファクトリー」のイメージを紹介。同社がNTT印刷と広済堂ネクスト、福島印刷と行っているジャストインタイムでカタログを作成するソリューションなどを紹介している。
担当者は「従来モデルから、ジャストインタイムに変更することで無駄に廃棄される印刷物がなくなり、デジタル化により工場内にスキルが必要なくなる」と話す。

ラベル用デジタル印刷機「TruePressJet L350UV SAI LM」は、UVインク搭載で、CMYK+Wの5色カラーで、最大印刷速度は60m/分で、用紙幅は350mm。
欧州で販売台数が伸びている。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FGGS)は、参考出品のB2サイズ機を初披露した。

技術展示として紹介されたのは「Revoria Revoria Press B2(仮称)」で、乾式トナー方式を採用。印刷モードは3600sphと高速モードの5400sphがあり、B2インクジェット印刷機で世界最速となる。
同機はA3サイズ120枚機を拡張したもので、厚さ450g/㎡までの用紙に対応し、商業印刷はもちろんパッケージ分野での活用も視野に入れる。
担当者は「当社はインクジェット方式のB2サイズ機を販売しているが、それに加えてトナー方式を発売することにより選択肢が多くできると感じている」と話す。

また参考出品「Jet Press 750S」はこのほど、B2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレスの高速化モデル。Sambaテクノロジーヘッドを採用し、印刷速度は3600枚/時(±5%)で、最大印刷用紙サイズは750×585mm、本体サイズがL 7.30×W2.65×H 2.06m、設置面積が10×5.2m。

リコージャパンは、B2サイズの枚葉インクジェット機「ProZ75」を参考出品した。
同機は、商業印刷市場向け枚葉インクジェットプリンタで、リコーが40年以上にわたって培ってきたインクジェットの技術と新開発の技術を融合させている。
高い生産性と低ランニングコストでの運用により新たビジネス領域の獲得したいという。
菊半裁やB2サイズの用紙に対応し、ワンパスでの自動両面印刷に、1,200×1,200dpi マルチドロップテクノロジーにより、高品質3000枚、最大4,500枚/時の高生産性を実現している (片面時)。
価格は他社と同等価格になる見込み。

このほか大判のUVフラットベッド機「TF6251」、ラテックス機を展示している。

ミヤコシはデジタル「MJP20EXG」は、「MJPシリーズ」のコンパクトタイプ。
高生産性や高品質、印刷機としての頑強さに加えて、軽量・省スペース設計を実現した。
印刷速度は、最大印刷解像度1200×1200dpi で毎分 80m、1200×600dpi では毎分160m を可能にしている。
新開発の「ミヤコシオンザフライ RIP」を搭載、次世代の後加工機との連携を実現する。
設置スペースは、全長 8110mm(Roll-to-Roll 構成時)という、クラス最小の設置スペース。

キヤノンマーケティングジャパンは、商業印刷用デジタル印刷機と大判プリンタを中心に出品している。
「imagePress V1350」は、A4ヨコ片面で135枚のスピードで出力可能。高生産性・高耐久性を支える高剛性フレームに加え、駆動部の高耐久化を実現する。印刷耐久枚数は従来の2倍以上となった。
ブースでは、印刷の後工程を提案とさまざまなサンプルを展示している。

「imagePress V1000+検査装置」は、内部に検査装置を搭載、出力後検品・仕分けし良品だけ排紙される。
担当者は「印刷物を生産するのではなく、完成した印刷物を届けるというイメージ」と製品を紹介する。

大判プリンタでは「Colorado1650」を展示。ブースの背景も同機で出力した壁紙を使用している。

水性IJP「imagePROGRAF GP-4000」は、新開発の4色の特色インクにより色の再現範囲がさらに広がり、imagePROGRAFシリーズ最大の色域を実現する。
ブースでは蛍光色ピンクを全面に、ポップなポスターデザインの作成に貢献できることを強調している。
価格は698000円。

 

IGAS2022

名称:IGAS 2022 国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展(International Graphic Arts Show 2022)
期間:11月24日(木)~11月28日(月) 5日間
開場時間:10:00~17:00(初日のみ11:00~17:00)
入場料:当日販売 2,000円(事前登録の場合は無料)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟 1、2、3、5、6ホール
主催:日本印刷産業機械工業会、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会
後援:経済産業省、東京都、日本貿易振興機構、日本印刷産業連合会、日本印刷学会、全国段ボール工業組合連合会、日本印刷技術協会、デジタルコンテンツ協会

https://www.igas-tokyo.jp/

【関連記事】

「IGAS2022」速報レポート1 デジタル印刷機・プリンタ展示各社 日本HP、エプソン販売、コニカミノルタ、イメージ・マジック、ミマキ

「IGAS2022」速報レポート3 大判プリンタとカッティングプロッタ NSK、swissQ、武藤、オーシャンテクノロジー、セルカム、ACS、コムネット、レザック

「IAS2022」速報レポート4 デジタル印刷機と関連機器・技術 小森、理想科学工業、ブラザー、京セラ、ホリゾン、光文堂、花王、山崎産業、マスターマインド

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.