プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab」 カーボン・オフセットを自己排出分の削減量に

LINEで送る

【2022年10月13日】エプソンはこのほど、乾式オフィス製紙機「PaperLab」で、J-クレジット制度を活用したカーボン・オフセットを、ユーザーが自己排出分の削減量として利用できる仕組みを実施する。
これは導入済みのユーザーも対象となるもの。

J-クレジット制度はサービスは、国が認証するカーボン・オフセットの精度。
PaperLab は、使用済み用紙から再生紙を作成できる製紙装置。作成の過程で「CO2排出量」「木材資源使用量」「水の消費量」が市販の用紙より少ないため、環境負荷低減に貢献できる。

多くの企業・自治体では利用しているが、今回、カーボン・オフセットを実施。製品のライフサイクル全体で排出される CO2 を実質ゼロにした。

ユーザーは、PaperLab で作成した再生紙は「カーボンゼロペーパー」として、社内外への説明資料や名刺、パンフレットなどで活用できる。

カーボン・オフセットの計算方法などの詳細は以下から
www.epson.jp/products/paperlab/

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.