プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

タクトピクセルとナビタスビジョンが提携 印刷用検査装置にAI技術を搭載


【2020年1月31日】印刷向け人工知能(AI)でを提供するタクトピクセルと印刷品質検査装置販売のナビタスビジョンはこのほど、AI技術で業務提携した。

提携ではAI技術・深層学習技術を使ったWebアプリケーションツール「POODL(プードル)」を検査装置に提供。このツールにより、検査システムで検出した欠陥種類の自動分類、過検出の抑制、印刷の上流工程へのフィードバックなどを可能にする。ナビタスビジョンではこのツールを、今後企画する次世代検査機器の開発で活用する。

POODLは印刷製造の現場で発生する画像データを活用し、深層学習モデルを作成するためのアプリケーションで、印刷画像に特化した精度の高いモデル生成をできる。
このため、現場の作業者が自ら画像のラベル付け作業が行える操作画面を備え、製造業の部署単位で権限管理を行う仕組みがある。

画像データの背景絵柄が変化しても、その表面に付着した異物などの欠陥を識別するモデルの生成が可能や、一般的なRGB画像だけでなく多チャンネル画像形式に対応しているなどの特徴がある。

今後、タクトピクセルは、印刷検査装置メーカー、印刷装置メーカーと積極的に協業や業務提携を進め、印刷産業の生産性の向上や業務改善で貢献していく。

POODL(プードル)
https://poodl.cloud/

タクトピクセル
https://taktpixel.co.jp/
l


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.