印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート1 世界初公開 「水性顔料インク搭載デジタル印刷機」 軟包装の代替になど


【2016年10月5日】「TOKYO PACK 2016 -2016東京国際包装展-」が10月4日、江東区有明の東京ビッグサイトで始まった。開催は7日(金)まで。
「TOKYO PACK」はアジア最大級の包装見本市。
今回のテーマは「伝えよう、NIPPONの包装力を」とし、包装資材・包装機械のメーカーなど669社・団体が出展し、期間中約17万人が来場する。
【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート2 紀州技研は「ロボット化」を提案 HPは「日本のIndigo事例」を初公開

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート3 サンプル、プルーフに提案多数 沖データ、メディアテクノロジージャパンなど

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート4 印刷は後加工のためにある!? 「シュリンク」「カット・抜き」「ラベリング」「検査」 

「TOKYO PACK

tokyopack2016-110 シンク・ラボラトリー

プリント&プロモーションでは、昨日開幕した「TOKYOPACK」を注目の出展社の写真と動画を織り交ぜながら速報する。
速報1ではデジタルプリンタやデジタル印刷機などの機材を展示したブースを中心に紹介する。

シンク・ラボラトリー(ブース番号:6-66)は、軟包装用インクジェット印刷機「FXIJ-1 AQUA」を世界初公開した。
「FXIJ」は花王が開発した「水性インクジェット用顔料インク」を搭載しており、溶剤を全く使わず、グラビア印刷機の代替となる新たな印刷機(関連記事)。

tokyopack2016-092 tokyopack2016-100

「FXIJ-1 AQUA」は、印刷幅が540mm、「drupa2016」ではサンプル展示のみだったが、今回はブースでは毎分10mで、軟包材への裏印刷を行い、サンプルの配布も行っている。

このほか、シンク・ラボラトリーでは、グラビア印刷機での同インクの印刷サンプルや環境への影響が少ないことを示す資料の配布も行っている。
「FXIJ-1 AQUA」の発売は2017年春を予定している。

ミマキエンジニアリング(ブース番号:1-76)は、9月発売の最新インクジェットプリンタ(IJP)を実機展示している。
フラットベッドUV-LED方式インクジェットプリンタのエントリーモデル「JFX200-2513」は、従来機からプリント領域を2倍に拡大した製品。

tokyopack2016-227 tokyopack2016-222

またデスクトップタイプの「UJF-6042MkII」は、従来機に比べ約120%の生産性を実現しており、グッズ製作などで力を発揮する。

tokyopack2016-224 tokyopack2016-233

このほか、カッティングプロッタの「Kongsberg」で、紙器サンプル作成を披露。パッケージ制作用では格安の45万円で提供しているCADソフト「ArtiosCAD」を紹介している。

tokyopack2016-232

ネットアンドプリント(ブース番号:5-32)は、GHSラベルプリント用のラベルプロセッサー「IJ48」の試作機をデモンストレーションしている。
出力されるPP素材のラベルは水に強く、安価で合成紙の5分の1程度のコスト。

tokyopack2016-032 tokyopack2016-033

マイクロボードテクノロジー(ブース番号:5-47)は、最新の小型のデジタル印刷機「AFINIA LABEL 300X-RS」とロール式のカッティングプロッタ「DLF-1100」を展示している。
両製品を使用すれば、製版や刃型を必要とせず、ラベルを作成できる。

tokyopack2016-040 tokyopack2016-043

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート2 紀州技研は「ロボット化」を提案 HPは「日本のIndigo事例」を初公開

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート3 サンプル、プルーフに提案多数 沖データ、メディアテクノロジージャパンなど

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート4 印刷は後加工のためにある!? 「シュリンク」「カット・抜き」「ラベリング」「検査」 

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.