印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート4 後加工大集結! 「シュリンク」「カット・抜き」「ラベリング」「検査」


【2016年10月6日】「TOKYO PACK 2016 -2016東京国際包装展-」が10月4日~7日(金)まで、江東区有明の東京ビッグサイトで開催中。
「TOKYO PACK」はアジア最大級の包装見本市で、今回はテーマを「伝えよう、NIPPONの包装力を」とし、包装資材・包装機械のメーカーなど669社・団体が出展。期間中約17万人が来場する。

tokyopack2016-215

プリント&プロモーションでは、開催中の「TOKYOPACK」注目の出展社を速報する。
速報4では後加工・検査関連の資機材についてレポートする。

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート1 世界初公開 「水性顔料インク搭載デジタル印刷機」公開 軟包装の代替になど

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート2 紀州技研は「ロボット化」を提案 HPは「日本のIndigo事例」を初公開

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート3 サンプル、プルーフに提案多数 沖データ、メディアテクノロジージャパンなど

「TOKYO PACK 2016」レポート4印刷は後加工のためにある!?

日本テクノロジーソリューション(ブース番号:5-06)の「TORNADO」は、小型のシュリンク装置。4方向から熱風を吹き出し竜巻のような渦により、一瞬でシュリンクフィルムをボトルに装着する。


ブースではデモンストレーションに加え、マスコットキャラクター「シュリンくん」が登場し、展示を盛り上げた。

tokyopack2016-056

ソルテック工業(ブース番号:6-60)は、各種後加工機を展示している。
新製品のロールカッター「W-400」は、組みあがったばかりで初公開。「W-350」も隣で実演している。

tokyopack2016-075 tokyopack2016-078

さらにロータリーダイカッターでは、立体になる複雑なスイングPOPの製造を実演している。

tokyopack2016-074 ソルテック tokyopack2016-067

エスコグラフィックス(ブース番号:3-39)は、カッティングプロッタ「Kongsberg」を実演。デジタル印刷機を持つ各社から印刷サンプルが提供され、それを抜き加工している。
また、ダイレクトレタープレスメージャー(製版機)も紹介している。

tokyopack2016-183

きた産業(ブース番号:4-54)は、ラベリングマシンを多数出品している。
「NINETTE A PLAT(ニネット アプラ)」は小型で半自動タイプのラベリングマシン。
ローラーの上にビンを載せると、回転しラベルを貼り付ける。
「手貼りでは大変な1000本程度まで、半自動化で非常に楽になる」と担当者。

tokyopack2016-018 tokyopack2016-027

ダックエンジニアリング(ブース番号:5-15)は「検査で勝つ」をブーステーマに検査装置を実演。
同社の検査装置に搭載されている「Coco!(ココ)センサー」は、印刷のミスを記憶しながら検査し、その部分を巻き返しながら指摘する。このため検査の効率が良く、工程のボトルネックとなりづらい。

tokyopack2016-028 tokyopack2016-030

 

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート1 世界初公開 「水性顔料インク搭載デジタル印刷機」公開 軟包装の代替になど

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート2 紀州技研は「ロボット化」を提案 HPは「日本のIndigo事例」を初公開

【速報】「TOKYO PACK 2016」レポート3 サンプル、プルーフに提案多数 沖データ、メディアテクノロジージャパンなど

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.