プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【page2019 速報1】プリンタと後加工機など多彩に FFGS、コムネット、エプソン、ミマキ


【2019年2月7日】「page2019」が2月6日、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開幕した。
主催は日本印刷技術協会(JAGAT)。

今回はテーマを「デジタル×紙×マーケティング」とし、展示会には昨年を上回る162社562小間(前回162社・546小間)が出展。来場者数は約7万を見込む。
プリント&プロモーションでは写真を中心に出展者をピックアップし紹介する。
(社名のあとはホール・数字はブース番号)

関連記事

【page2019 速報2】プリンタで加飾、Tシャツ作成も リコー、キヤノン、ホリゾン、FFGSグラフィックサプライ、フォーム工連、エスコ

【page2019 速報3】校正改革、デジタル箔&ニス、中古再生品など アグフア、SCREEN、NSK、ビーエヌ

マキ

【page2019 速報4】検査、自動化、加飾が身近に コニカミノルタ、光文堂、イメージ・マジック、オーシャンテクノロジー

 

 

速報1

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(B1)は、プロダクションプリンタ「Iridesse Production Press」を展示した。

page2019

「Iridesse」は1パス6色のプリントを行えるデジタル印刷機。金、銀、クリアの特殊トナーをCMYKの前後に1本ずつ搭載可能で、組み合わせによるメタリック印刷に対応している。今回はゴールドとシルバーを搭載しており、金銀を使用したサンプルの展示も行っている。

 

コムネット(B3)は、後加工のカッティングに関する危機を多く出品している。
「GCC jaguarVLX」はB3(幅500㎜)までに対応する枚葉タイプのカッティングプロッタで、極少量生産の際に力を発揮する。

「GCC LabelExpress」はロールtoロールタイプのカッティングプロッタ。カットから巻取りに加え今回は、ラミネート加工のオプションを搭載した。価格は約1000万円。

 

エプソン販売(B14)の大判インクジェットプリンタ(IJP)「SC-S80650」は、溶剤系IJPのベストセラー。

ビジネスプリンタ「LX -10000F」はオフィス、店舗向けでは珍しいインクジェット方式を採用しており、1分間に100枚の高速プリントはもちろん、待機電力・運転時電力が少なく家庭用100Vで運用できる。同機は「平成30年度省エネ大賞」の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞している。
会場では店舗などで使用するPOPを長尺プリント機能で出力していた。

 

ミマキ エンジニアリング(B16)は、「UCJV300」シリーズをメイン展示している。

「UCJV300-160」「UCJV300-75」ではステッカーやポスターなどのプリントを、「UJF-3042MkⅡ」ではグッズプリントなどを披露。カッティングプロッタ「CFL-605RT」でもシールのカットなどを行っていた。

関連記事

【page2019 速報2】プリンタで加飾、Tシャツ作成も リコー、キヤノン、ホリゾン、FFGSグラフィックサプライ、フォーム工連、エスコ

【page2019 速報3】校正改革、デジタル箔&ニス、中古再生品など アグフア、SCREEN、NSK、ビーエヌ

マキ

【page2019 速報4】検査、自動化、加飾が身近に コニカミノルタ、光文堂、イメージ・マジック、オーシャンテクノロジー

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.